『ラブライブ!』テレビ初の3作品代表メンバー集結 世界での人気に迫る

『ラブライブ!』テレビ初の3作品代表メンバー集結 世界での人気に迫る

 スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するスクールアイドルグループ・Aqoursから、小宮有紗、降幡愛、逢田梨香子、斉藤朱夏の4人、さらに虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、4月にCDデビューする「Liella!」(リエラ)が、日本の音楽を世界に発信するNHK総合の音楽番組『SONGS OF TOKYO 』に出演することが9日、発表された。



【写真】ミニスカで絶対領域チラリ!政府の仕事をするAqours



 ラブライブ!シリーズは、アニメ、ゲームなどマルチメディアで展開するスクールアイドルの成長物語。2010年のμ'sから始まり、Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、Liella!と拡大を続けている。



 今回は、テレビでは初めてとなる3組の作品から代表メンバーが集結。Aqoursからは、黒澤ダイヤ(小宮)&黒澤ルビィ(降幡)が「真夏は誰のモノ?」、桜内梨子(逢田)&渡辺曜(斉藤)が「Misty Frosty Love」を披露し、トークにも登場する。



 虹ヶ咲学園は、「未来ハーモニー」「NEO SKY, NEO MAP」の2曲を披露し、トークには大西亜玖璃、前田佳織里、久保田未夢、村上奈津実の4人が参加する。Liella!は、キャスト5人が全員参加。クロストークでは、ホストの村上信五、ホラン千秋がそれぞれのキャラに迫り、意外な「ラブライブ!あるある」も判明するなど、スタジオは大盛り上がり。さらに、世界中のファンから寄せられた鋭いコメントから「なぜ世界はラブライブ!シリーズに夢中になるのか?」その秘密も明らかになる。



 番組はNHKワールドJAPANで22日(前0:10~ ほか)、総合テレビでは28日(前0:10~)に放送される。
カテゴリ