イモトアヤコ、NHK初レギュラーで中国語学ぶ「張り切っております」

イモトアヤコ、NHK初レギュラーで中国語学ぶ「張り切っております」

 NHKは9日、2021年度の語学番組における新たな出演者を発表した。『テレビで中国語』にはイモトアヤコ、新番組『キソ英語を学んでみたら世界とつながった。』にはBOYS AND MENの本田剛文、俳優の竹内將人、『中高生の基礎英語 in English』には鈴木福と、新たな顔ぶれが明らかになった。



【2ショット写真】ギリギリ限界! 夫・石崎史郎Dと過酷ロケに挑むイモトアヤコ



 『テレビで中国語』(Eテレ)は、毎週火曜日(後10:55~11:20)に放送時間が変更。NHK初レギュラーのイモトが、1年間中国語を学び成長する姿、視聴者も一緒に勉強を続けるパートナーであることを目指す。



 イモトは「中国には10回ほど渡航してます。その度に思うのが、あまりにも言葉がわからず、トイレに行くにもお水を買うにも毎回苦労しています。同じアジアなのに私にとっては未知の言語であり、なかなか学ぶチャンスがないと感じておりました。そして行く度に思うのが、中国の方のついつい笑ってしまうチャーミングさや、ときたま私怒られている?(笑)といった状況」と中国訪問時を振り返る。



 続けて「そんな時に少しでも言葉を使いコミュニケーションがとれれば、一緒に楽しい時間や文化を学べ、気持ちを伝えられるのではないかと張り切っております。まず『トイレはどこですか?』私が海外で一番つかう言葉、マスターしたいと思います」とやる気に満ちあふれている。



 新番組『キソ英語を学んでみたら世界とつながった。』(Eテレ 毎週土曜 後6:50~7:00)は、世界各地の1ヶ所を取り上げ、小学校で学ぶ基礎的な英語フレーズを使って、外国の人たちとつながる小学5・6年生向け番組。英語が苦手で勉強中のTaka(本田)と、得意なMasa(竹内)が、ビデオ通話で世界の国々の家族や子どもと会話。リアルな暮らしや習慣、学校生活などを紹介していく。



 本田は「難しいフレーズを使わなくても、キソ英語で驚くほど会話は弾み、世界がグッと近くなるという事を感じていただけるはずです。みなさんも一緒に、世界とつながる第一歩を踏み出しませんか?」とアピール。竹内は「『あの国へ行ってみたいなぁ』『あの伝統料理を食べてみたいなぁ』『あの景色を見たいなぁ』などと想像を巡らせながら番組を楽しんでいただけるとうれしいです」とコメントを寄せた。



 『中高生の基礎英語 in English』(ラジオ第2 月曜~金曜 前6:30~6:45)では、中学校で基本となる「英語での英語の授業」を先取り。生徒を務める新・高校2年生の鈴木が、毎週ひとつのテーマについて学び、最後は英語での意見交換に挑戦。間違いを恐れずに言葉を発し、英語で伝え合う力を身につけることを目指す番組。



 鈴木は「英語はすごく苦手で、今回のお話をいただいた時は、とても不安でした。でもこれをきっかけに英語が喋れるようになりたいと思い、とても楽しみにしています。英語が得意な方からしたらとてもお聞き苦しいかもしれませんが、一生懸命がんばって、しっかり話せるようになりたいです! そして、英語が苦手だったり、得意でない方は僕と共に、自分の意見を言えるように、一緒に頑張りましょう!!」と意気込んでいる。



 ほか、『テレビでハングル講座』は満島真之介が今年度も続投。お笑いコンビ・爆笑問題の太田光のレギュラー出演する『世界にいいね!つぶやき英語』は、『太田光のつぶやき英語』にタイトルに変更し、森川葵とともに引き続きMCを担当する。
カテゴリ