YOSHIKI 紺綬褒章を受章 医療従事者はじめ国内外で支援活動「チャリティーの輪が広がれば」

YOSHIKI 紺綬褒章を受章 医療従事者はじめ国内外で支援活動「チャリティーの輪が広がれば」

 YOSHIKIが紺綬褒章を受章したことが3月9日付の政府官報を通じて発表された。紺綬褒章は、国や地方公共団体、公益団体などに寄付した人を国が顕彰するもので、褒章が授与される。



【写真】目を奪う完璧な肉体美&妖艶な流し目を披露するYOSHIKI



 YOSHIKIは昨年4月、自身の運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じ、国立国際医療研究センターに1000万円寄付をした。最前線で戦う医療従事者へ向けた素早い対応にその後多くの著名人が反応し、サポートの連鎖が生まれた。



 さらに昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に深刻化する中、YOSHIKIは日本国内のみならず、アメリカでの食糧難パニックの沈静化支援のために、ロサンゼルスの「Meal on Wheels」へ2万4000ドル(約250万円)、公演中止の影響を受けた世界中のミュージシャンや音楽業界で働く人たちを支援するたに、 グラミー賞の主催で知られるレコーディング・アカデミー(R)とその関連慈善財団MusiCares(C)が設立した「COVID-19救済基金」に10万ドル(約1000万円)を寄付するなど、国内外でさまざまな支援活動を行っている。



 YOSHIKIは「このような栄誉ある紺綬褒章を受章し、恐縮しております。こんな自分ですが、 後もこのような支援活動を続けられたらと思っています。 そしてその活動によってさらにチャリティーの輪が広がれば嬉しいです。 ありがとうございます」とのコメントを寄せた。



 昨年にも東日本大震災の復興支援として1000万円を寄付するなど、これまでにも地震災害や大型台風などの自然災害発生時に多額の義援金支援を行っている。こうした積極的な慈善活動と影響力が評価され、2019年には『Forbes Asia』が発表した“アジア太平洋地域の最も優れた慈善家30人”の1人に選ばれている。
カテゴリ