高畑充希&宮野真守、舞台初共演で“不倫関係”に「ディープです」

高畑充希&宮野真守、舞台初共演で“不倫関係”に「ディープです」

 女優の高畑充希、俳優の宮野真守が9日、東京・日比谷の日生劇場で行われたミュージカル『ウェイトレス』の初日公演に出演。不倫関係を演じる2人が実際の関係を語った。



【動画】ミュージカル『ウェイトレス』初日公演、開演前取材に登場した高畑充希と宮野真守



 アメリカ南部の田舎町にあるレストランのウェイトレスで、おいしいパイを作ることで評判だが、夫アールの束縛により、息の詰まる生活を送っている主人公のジェナを演じる高畑は「1月からおけいこしていて、マスクをしながら『どんな顔なんだろ』って思いながら、お芝居をしてきました」と回顧。「海外スタッフも来れるスタッフは来てくれたり、リモートで演出してもらいました。どうなるかわからない中で、みんなで一生懸命やってきた。やっとお客さんと一緒に、このミュージカルを一緒に楽しめるんだと、かなりワクワクしています」と心境を明かした。



 2週間前にジェナが住む街に赴任してきた産婦人科医で、妻がいるがジェナを診察するうちに、やがて深い仲になってしまうポマター医師を宮野が演じる。「今までとは違う環境での役作り。けいこ中は、不安に思うこともたくさんあった。でも、やっぱりカンパニーのみんなが温かくて。こんな状況だからこそ一丸となって作品作りができた。やっと、みんなの顔を見て芝居できたときに、なんて楽しいんだろうと思えた。その僕らの思いも感じてもらえると思う」としみじみ口にした。



 バラエティでは共演歴があるが、初めて舞台で顔を合わせる高畑と宮野。いきなり不倫という設定で宮野は「ディープです」と苦笑い。一方の高畑は「いつもアブノーマルなシチュエーションで顔を合わせていた。まさか、こんなにポップとはいえ、いろいろなことが繰り広げられるミュージカルで(笑)。最初は大丈夫かなと思ったんですけど、いろいろ相談しながらけいこできて、すごく心強い存在でした」と感謝し、宮野も「お芝居できて楽しいです。やっとお芝居できた(笑)」と語った。



 また“悩める現代女性を全力で応援するコメディ・ミュージカル”という触れ込みだが、一筋縄ではいかない物語。高畑は「ポップに『女性を応援するミュージカル』って書いてあるんですけど、大丈夫かな(笑)。間違ってはいないんですけど…」とぽつり。「インスタグラムで『今度、小学生の娘と行きます』とコメントをくださる方がいて『小学生か…。これは止めるべきか、止めないべきか…』と思う(笑)」と逡巡したことを明かしながらも「新しいものに触れられるタイミングに」と前向きだった。



 本作は、アメリカ映画『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』(2007年)をベースに製作されたブロードウェイミュージカル。2016年3月にブロードウェイで上演されると記録的興行成績を上げ、全米ツアー公演とロンドン・ウェストエンド公演も行い、大盛況に。脚本、作曲、演出、振付の主要クリエイティブを全て女性クリエイターが担当したことがブロードウェイ史上初となり、注目を集めた話題作。



 会見には、宮澤エマ、LiLiCo、浦嶋りんこも参加した。



 『ウェイトレス』は30日まで、同所で上演。その後、4月4日から11日まで福岡・博多座、4月15日から19日まで大阪・梅田芸術劇場メインホール、4月29日から5月2日まで愛知・御園座で公演が行われる。

カテゴリ