深い眠りへと誘う絵本!北欧発の「よるくまシュッカ」2タイトル同時発売

深い眠りへと誘う絵本!北欧発の「よるくまシュッカ」2タイトル同時発売


百万年書房から、「よるくまシュッカ(読み聞かせ用)」1,900円(税別)、「よるくまシュッカ ミニ(こどもせんよう)」1,500円(税別)が、睡眠の日の3月18日(木)より発売される。

「おやすみ、ロジャー」を超える大ヒット作


「よるくまシュッカ」は、2018年にデンマークで発売され、「おやすみ、ロジャー」を超える大ヒットとなった絵本。


北欧の幼児教育と瞑想の呼吸法をもとにした仕掛けが随所にあり、読み聞かせると子どもがたちまち深い眠りにさそわれるという。通常6~7分で読み聞かせ終えられる内容だ。

推薦コメント続々!


同書は、ヨガの権威や睡眠学の識者から、推薦コメントが集まっている。

インターナショナルヨガセンター代表のケン・ハラクマ氏は、“忙しい現代人にピッタリの作品です。寝る前に、まず息を吸ってから「よるクマシュッカ」の「ふゎーあ」を試すことで、心の癒しを感じることができます。大人からお子さままで、たくさんの方に触れて欲しい作品だと思います。”とコメント。

さらに、日本睡眠学会理事の神山潤氏は、“お子さまの名前を呼ぶリフレインと、キーワードの「ぴったりくっつく」は安心をもたらします。もうひとつのキーワード「いいにおい」は、心の脳とも呼ばれる大脳辺縁系への入口です。寝る前のルーティンとしてお勧めです。”とコメントしている。


また、実際に同書を寝る前の読み聞かせとして使った人からは、“読み聞かせしている方も心が安らぐ”、“寝る時間になると「くまさん読んで〜」と自分から読んで欲しがるようになり、読み始めると、すぐにおやすみモードに切り替わる”。などの声が寄せられている。

心地よい夢の世界へと誘う「よるくまシュッカ(読み聞かせ用)」「よるくまシュッカ ミニ(こどもせんよう)」を、おやすみ前に試してみて!
カテゴリ