伊達みきお、東日本大震災から10年「伝えないと」 思いと願い【#あれから私は】

伊達みきお、東日本大震災から10年「伝えないと」 思いと願い【#あれから私は】

 「いつ、どこで何があるか分からない自然災害。また、同じ様な悲劇が起こらない様に、あの日を体験して生き残った者として伝えていきます。あいつら、まだ震災の事言ってるって言われても…伝えないと」。東日本大震災から10年目の3月11日に自身のブログを通じて、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(46)が思いをつづった。



【写真】東日本大震災から10年、ラジオの原点に立ち返る生特番



 「宿泊しているホテル観洋の玄関にいた気仙沼の観光キャラクター『ホヤぼーや』と共に」と、写真を添えた伊達は「震災から10回目の3月11日。当日もいたから、11年連続で気仙沼に来てる事になるのか…」とつづると「もう、すっかり気仙沼にも知り合いが出来たり良く行くお店もあったり、今は気仙沼に来るのが楽しみで仕方ない。素敵なお店や美味しいお店も来る度に増えて、新・気仙沼になっている」と、その様子や現状を報告。



 「変わらないのは、人の温かさと魚の旨さ! 日本屈指の港町は健在だ」と胸を張り「震災直後、泣きながら前を向いて生きてきた地元の方々を見てきたから…今、そんな方達と笑顔で会うと、10年という時間の経過も感じる。今日で10年。歯を食い縛り、本当によく頑張ってきました」と思いを記した。



 「この地に、縁もゆかりも無いボランティアの方々が泥まみれになって助けてくれたから今がある。縁もゆかりもある我々は、もっと懸命に頑張らないといけない。じゃないと、助けて下さった方々に失礼だ。たった10年経っただけ」と改めて決意した伊達。



 「行方不明者はまだ2500人以上。捜索は今も続いている。整理がつかない方も多い。遺族は10万人を超える」と記し、「これからも、我々は何も変わらず共に生きて行きます。地元の方々は、とにかく復興に向かって全力で走り続けた10年。疲れも出てくるでしょう。明日から、ほんの少しだけゆっくり…たまには寄り道しながらまた前に進んで欲しいです」と願った。



 最後は、同日夜に東京へ戻り、ニッポン放送『オールナイトニッポン』(深1:00~3:00)の生放送に出演することも明かし「どんな放送になるかな…。沢山のメールお待ちしております」と呼びかけた。



 サンドウィッチマンは、2011年3月11日、相方・富澤たけし(46)とともに宮城県・気仙沼でロケ中に被災した。その後は、BSフジのバラエティ番組『東北魂TV』や『東北魂義援金』の立ち上げをはじめ、みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、みなと気仙沼大使、松島町観光親善大使、伊達美味PR大使を務めるなど、積極的に被災地支援や情報発信を行っている。
カテゴリ