『ラーヤと龍の王国』大迫力のアクションと映像美! 本編映像解禁

『ラーヤと龍の王国』大迫力のアクションと映像美! 本編映像解禁

 今月5日より、映画館とディズニープラス プレミア アクセス にて公開中のディズニー映画最新作『ラーヤと龍の王国』。外出を控えたいご時世ではあるが、映画館の大スクリーンで観たら最高の映像体験ができる作品であることを伝えずにはいられない。少しでもそう実感してもらえるような大迫力のアクションが光る本作の本編映像が解禁された。



【動画】吹替クリップ【ラーヤを追う謎の少女ナマーリから逃げろ編】



 本作は、幼い頃のトラウマから自分だけを信じて生きてきた“ひとりぼっち”の救世主ラーヤが、バラバラになった<龍の王国>クマンドラを救うため、勇敢にも冒険へ繰り出す物語。



 今回解禁となったのは、冒険へ出た彼女が長年探し続けた末に見つけ出した”最後の龍“シス―と共に<龍の石>を探す旅の道中、突如ハプニングが起こるシーン。何者かに追われるラーヤたちだが、その正体は、彼女にとっての永遠のライバルで同じく龍の石を探す、ナマ―リだった。ナマ―リはラーヤが他人を信じることができなくなった元凶となった少女で、身体能力抜群のラーヤと接戦を繰り広げる非常に手ごわい戦士。生涯の敵であるナマ―リの襲撃に苦戦するラーヤだが、即座に機転を利かせて崖から川へダイブ! ナマ―リよりも一枚上手だったラーヤの見事な戦いっぷりを観ることができる。



 監督を務めたカルロス・ロペス・エストラーダは本作に対して「私たちは、予想を裏切る映画を作りたいと思っていました。このジャンルにおいて、そしてディズニー・アニメーションにおいてさえも、新鮮だと感じられるような映画を作りたいと心から思っていたのです」と語る。



 本映像では、ラーヤの相棒トゥクトゥクがゴロゴロと転がりながら猛スピードで爆走、最後には豪快に川へダイブするというダイナミックでスリル満点のアクションが繰り広げられ、無限に広がるクマンドラの大地やきらめく水しぶきはとてもアニメーションとは思えない、リアルな世界が広がる。この短い映像だけでもディズニー・アニメーションがさらなる進化を遂げたことが伺えるだろう。



 既に鑑賞した観客は「『ラーヤと龍の王国』はディズニー・アニメーションのベストを余裕で高々と更新していったんだが、全世界で空前の大ヒットをかましてもおかしくない!」「クマンドラの世界観、映像美、予想外に激しいアクションに感動!」「観てきたんだけど、めちゃくちゃ最高だった!!!!予想外すぎた」と、太鼓判を押している。

カテゴリ