円神、元日プ練習生のBoom Trigger&秦健豪と初共演

円神、元日プ練習生のBoom Trigger&秦健豪と初共演

 パフォーマンスユニット・円神は12日、プロデュース公演vol.1『幕末バトルサークル』の開催を発表した。



【個別ショット】宮里ソルら、意気込みを語った円神メンバー



 円神は、『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生だった宮里ソル、A.rik(エーリック)、中本大賀、瀧澤翼、山田恭、草地稜之、中林登生、中谷日向、熊澤歩哉の9人よるステージクリエイトプロジェクト。『歌×ダンス×芝居』を融合させた新しいパフォーマンススタイルで物語の世界観を彩り、昨年12月にはメジャーデビューも果たしている。



 そんな円神のプロデュース公演に同じく元練習生のBoom Trigger、秦健豪の出演が決定。オーディション番組終了後、それぞれの道を歩んでいる元練習生の初の共演が実現する。本作の原案は広井王子氏、脚本・総合監修は昨年12月に上演した円神Debut Stage『nonagon~始まりの音~』も手掛けたマンボウやしろが担当する。



 『幕末バトルサークル』は、5月6日から9日に東京・天王洲銀河劇場、5月14日から16日のに大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールで上演する。



■あらすじ

 舞台は架空の近未来。パラレルワールド・大日本共和国。国の中心は江戸から大阪に移り新たな時代MEIJIが幕を明け10年。スチーム産業革命を推進し技術革命が目まぐるしく時代をかき駆り立てる中で、静かに暗雲が立ち込める。



 神社庁の新米特別職員・御子紫充(瀧澤)は幕府からの命を受け、淀み始めた世の空気の源泉を求め大阪環状列車へと向かう。列車内にて異空間に入り、古来より大阪の各地域を護り続けてきた神達・円神と出逢う御子紫だったが、中心メンバー大阪流星(中本)・天王寺広目(泰江和明)・京橋四郎九郎(A.rik)らには相手にされず。



 さらには鶴橋羊二郎(中林)・大阪城公園(稲吉ひかり)・桜ノ宮青児(秦健豪)・天満数馬(結城樹)・大正正義(熊澤)・新今宮直貴(岡野海斗)にはからかわれてばかり。



 生き残り生き場所を失った新撰組隊員・山野八十八(山田)と佐々木愛次郎(草地)は打倒新幕府と大阪ゼロ構想の為、禁忌に手を出し黄泉の国より沖田総司(眞嶋秀斗)を甦らせる。



 大阪の各地では高杉晋作(宮里)の剣が暴れ! 吉田松陰(安藤優・水木陸斗)の叡智が吹き! 平賀源内(中谷)の発明が轟く! かの偉人たちは敵か味方か、はたまた…。沖田総司の狂気が大阪を包み込む。



 御子紫は護り神・円神と共に大阪を救うことが出来るのか? さあ時は来た。言の葉に魂を宿し悪を即滅せよ!!
カテゴリ