新田真剣佑「一生忘れない作品」 主演作封切りに言葉詰まる

新田真剣佑「一生忘れない作品」 主演作封切りに言葉詰まる

 俳優の新田真剣佑(24)が12日、都内で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』初日舞台あいさつに登壇した。



【動画】「一生忘れることのない作品に」言葉を詰まらせて主演作をアピールした新田真剣佑



 本作に込められた“裏テーマ”が「継承」であることから、自分の中で受け継いでいきたいことを聞かれた新田は「この作品が夢をかなえてくれた作品でしたので、数え切れないほどのものをいただきました。本当に本当に大切な作品になりました」と感無量な様子を見せた。



 共演の松山ケンイチ(36)は「これから色々あると思いますが、この映画を経験できたことは宝物になると思います。それを忘れないで、いろいろな俳優さんたちと演技をして楽しんでもらえたらと思います」と新田を含め、若手のキャストたちにメッセージを送った。



 最後のあいさつで新田は「一生忘れることのない作品になりました。すごく勇気づけられると思います」というと、言葉を詰まらせ「役者一人ひとりが本気で挑みました。ぜひ、勇気づけられてください」とつなぎ、主演作をアピールした。



 この日は、山崎紘菜(27)、鈴木伸之(28)、渡邊圭祐(27)、本広克行監督(55)も登壇した。



 原作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で2013年から17年まで連載され、シリーズ累計100万部を突破している人気漫画。普通の高校生たちが突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップして、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして戦国の世を生き延びていくストーリー。主人公・西野蒼を新田、ヒロインの瀬野遥を山崎、主人公を導くことになる徳川家康を三浦春馬さん、織田信長を松山が演じている。

カテゴリ