松山ケンイチ、怖い役で共演者と話せず「しゃべりたかった」

松山ケンイチ、怖い役で共演者と話せず「しゃべりたかった」

 俳優の新田真剣佑(24)と松山ケンイチ(36)が12日、都内で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』初日舞台あいさつに登壇した。



【動画】渡邊圭祐から撮影時の様子を暴露された松山ケンイチ



 本作の撮影や宣伝を通しての思い出を聞かれた松山は「そうですね~。ないですね~」と苦笑しつつ「楽しむ前に(撮影が)終わってしまったんですよね。衣装合わせのときに(本広克行)監督から『締めてください』と言われたので、しゃべらないほうがいいと思って、真剣佑くんとはしゃべらなかったんですよ」と、和気あいあいと撮影していた若手キャストたちとは、あえて距離を置いていたという。



 続けて「裏でも、ストーブを囲んでいるときも僕だけしゃべらずで…。思い出がそれだけなんです。しゃべりたかったんですけどね(笑)」と明かすと、新田は「松山さんだけはお話をしなかったですね(笑)。こうやって話すのも初めてです」と、ようやくしっかりと会話を楽しんだ。



 一方、撮影中に松山と話す機会があったという渡邊圭祐(27)は「おそらくですけど、きょうの壇上で松山さんの笑顔を初めて見ました。撮影で『どこに旅行に行くのがいいですか?』と質問したんですけど、笑顔はなかったです」と暴露。



 すると松山は「現場では渡邊としか話してないんですよ!オールアップしたら、しゃべりたくなっちゃって、それでそのときに渡邊くんがいたからしゃべれたんです」と会場の笑いを誘った。



 この日は、山崎紘菜(27)、鈴木伸之(28)、本広克行監督(55)も登壇した。



 原作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で2013年から17年まで連載され、シリーズ累計100万部を突破している人気漫画。普通の高校生たちが突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップして、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして戦国の世を生き延びていくストーリー。主人公・西野蒼を新田、ヒロインの瀬野遥を山崎、主人公を導くことになる徳川家康を三浦春馬さん、織田信長を松山が演じている。

カテゴリ