黄金町エリアの飲食店×アーティスト!「アート体験型マルシェ」開催

黄金町エリアの飲食店×アーティスト!「アート体験型マルシェ」開催


ソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」は、京浜急行電鉄と連携し、京急線・日ノ出町~黄金町駅間の高架下エリアにて、アート体験型マルシェ「FOOD ART STATION “Sense of Wonder” (素材への感性)」を、3月14日(日)に開催する。

黄金町で食とアートを繋ぐイベント


「黄金町エリア」は、“Sense of Wonder” (素材への感性)をテーマに、アートによるまちづくりが進められ、食の活動が活発化している地域。今回の「FOOD ART STATION “Sense of Wonder” (素材への感性)」は、同エリアで大人気のフードイベント「パンとコーヒーマルシェ」と、アーティストがコラボレーション。ベーカリーやコーヒー専門店など17の飲食店と、黄金町にゆかりのあるアーティスト5名がコラボするほか、ダンスパフォーマンスやトークショーを実施。食やアートを通じ、参加者の“驚き”や“感動”、そして“好奇心”といった感性が広がる体験が楽しめるイベントだ。

買ったものをどう食べるかのアートな指示書



メインプログラムの「アート体験型マルシェ」は、「パン」「コーヒー」「オーガニック」をそれぞれテーマとする飲食店が高架下に出店し販売を行い、販売ブースの一部にはアート作品やコンセプトなどを展示。コラボ実施店舗で客が購入する際、アーティストが作った「インストラクション」(購入したものをどのように食べるのかが書かれた指示書)を配布。その店舗の素材に対するこだわりや、生産過程から受けたインスピレーションをもとに表現された独特な指示は、食への新たなまなざしに気付かせてくれそう。出店店舗については、イベント公式サイトをチェックしてみて。

ダンスやトークのプログラムも



インストラクションや展示の参加アーティストは、安部寿紗・小畑祐也・Johnagami Lab・平山好哉・山本貴美子。


そのほかのプログラムとして、「ダンスパフォーマンス」「スペシャルトークショー」「Lunch Box “Sense of Wonder” by 七草」を実施。当日は、申込不要・入場無料で整理券が配布される。また各会場では、消毒や換気の実施や混雑回避のため入場制限など、感染症対策を徹底して開催される。イベントの詳細や来場の際の注意事項などは、公式サイトで確認を。
カテゴリ