【青天を衝け】第5回「栄一、揺れる」あらすじ 大地震が江戸を襲う

【青天を衝け】第5回「栄一、揺れる」あらすじ 大地震が江戸を襲う

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第5回「栄一、揺れる」があす14日、放送される。



【第5回場面写真】堤真一と草なぎ剛の共演シーンも



 第4回「栄一、怒る」では、父・市郎右衛門(小林薫)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ、岡部藩の代官・利根吉春(酒向芳)と対峙する場面が描かれた。一方の幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱。斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草なぎ剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤真一)を小姓に据えた。



 あす放送の第5回。惇忠(田辺誠一)にすすめられた本で、清がアヘン戦争でいかに英国に敗れたかを知った栄一は、開国した日本の未来を危惧する。そんな中、栄一の姉・なか(村川絵梨)は、自身の縁談を、“相手の家に憑き物(つきもの)がいる”という迷信的な理由で伯父・宗助(平泉成)たちから反対され、ふさぎ込んでしまう。



 一方、幕府の方針をなおも受け入れられない斉昭(竹中直人)は暴走。老中・阿部正弘(大谷亮平)と斉昭の側近・藤田東湖(渡辺いっけい)は斉昭を必死にいさめる中、大地震が江戸を襲う。



 公式サイトの予告映像は、「承服できんぞ!バカバカしい!」と怒る栄一から始まり、喜作(高良健吾)ら血洗島の面々も、それぞれの生きる道を見出していくシーンも。江戸の大地震では「父上!母上!」と、これまであまり感情を表に出さなかった慶喜が叫ぶ場面もあり、ますます動乱の時代へ突入していることを感じさせる。
カテゴリ