亀梨和也主演『レッドアイズ』にラッパー・DOTAMA登場 医師役に挑戦、緊迫した空気で「非常に緊張」

亀梨和也主演『レッドアイズ』にラッパー・DOTAMA登場 医師役に挑戦、緊迫した空気で「非常に緊張」

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)第9話(3月20日放送)に、ラッパーのDOTAMAが出演することが13日、わかった。



【劇中カット】第2話で“クズ中のクズ”な犯人を演じた般若



 今作ではこれまでに輪入道、般若、呂布カルマ、KZ、崇勲、KEN THE 390、ACE、TKda黒ぶちといった人気ラッパーが登場している。



 DOTAMAが演じるのは、大病院の医師。真弓(TAK∴)の指示を受けて、国内トップクラスのセキュリティを誇る病院のシステムを乗っ取り、混乱に陥れるという役どころだ。今回の出演について、「大変光栄なオファーをいただき驚きました。ありがとうございます」とコメント。



 撮影では病院を舞台にしたシリアスな場面に挑み、「出演させて頂いたシーンが緊迫した空気で、演者の皆さんが行き交う中の演技が非常に緊張しました」と振り返ったDOTAMA。自身の緊張とは裏腹に、本編では白衣と術衣を着こなし、任務を遂行する冷徹な医師を見事に演じきっている。



 最後に「第9話是非ご覧下さい。そして伏見捜査官とKSBCの皆さんの戦いはクライマックスへ。自分も非常に楽しみです。お楽しみに」と見どころを交えて締めくくった。



 さらに、これまでのラッパーゲストに続いて、DOTAMAも『レッドアイズ』をテーマにしたスペシャルラップを公開。聴きどころについて「亀梨さん主演のドラマに出演させていただいた喜びを即興でラップしました。お楽しみいただけたら幸いです」と語っている。
カテゴリ