松本まりか、鏡越しにこちらを見つめる美麗なポスタービジュアル

松本まりか、鏡越しにこちらを見つめる美麗なポスタービジュアル

 女優の松本まりかが連続ドラマ初主演を務める『WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て』(5月14日スタート)のポスタービジュアルと共演者が解禁された。鏡越しにこちらを見つめる律子(松本まりか)のビジュアルと、「その素顔、近づくほどに見えなくなる。」というコピーが印象的な構成。鏡に映る“虚像”の律子につい目を奪われてしまうに違いない。



【写真】松本まりか一人のキービジュアル



 物語の舞台は、昭和60年(1985年)の東京。痴情のもつれから、マンションの一室で放火殺人が発生する。逮捕された池松律子(松本)と、死亡した小説家・君塚公平は幼馴染だった。事件を担当する検事・津田口の取り調べにも、どこか浮遊しているような態度でするりと躱していく律子。津田口は事件の真相を追って、これまでに律子と関わってきた人物たちと接触し始める。



 次第に明らかになってくる律子の数奇な人生と、彼女を取り巻く男たちの姿。しかし、彼らが口々に証言する律子の印象は、すべてがバラバラであった。津田口は事件を深追いするほどに、徐々に律子という人物そのものに傾倒していく。



 やがて津田口は、律子と公平が幼少期を過ごした昭和30年代の青森・津軽に、この殺人事件の真相を解くカギがあると睨み始める。律子と公平の父親たちが津軽民謡の同じ一座で活動していたこと、そして、そこで起こったある事件。律子はなぜ公平を殺したのか。二人の過去に一体何があったのか。すべての真相が明らかになるとき、閉ざされていた因縁が解き放たれる。



 事件の被害者で律子の幼馴染である小説家・君塚公平役は、舞台や音楽を主軸としてキャリアをスタートし、その確かな演技力から連続テレビ小説『スカーレット』にて一躍脚光を浴び、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ)、『知ってるワイフ』(フジテレビ)といった人気ドラマから「ぐるナイ」(日本テレビ)へのレギュラー出演など、目覚ましい活躍をみせる松下洸平。物語の幕開けと核心を担う、重要な役どころを繊細に演じる。



 事件の真相を追ううちに次第に律子へと傾倒していく担当検事・津田口亮介役に、松下と共演のミュージカル『スリル・ミー』をはじめ、演劇での主演作が目白押しで、最近ではドラマ・映画での活躍の場を広げる、柿澤勇人。



 青森の刑事で律子と公平の幼なじみ・村上姫昌役に、『テセウスの船』(TBS)、舞台『真夏の夜の夢』など映像から演劇まで縦横無尽に活躍する名バイプレイヤー、加治将樹。律子の二番目の夫でヤクザ組員・山之内一平役に、内田英治監督の映画『下衆の愛』では主演を務め、日本映画界を支える個性派俳優、渋川清彦。律子の最初の夫で有名製菓会社の社長・京波久雄役に、確かなネタと演技力で高い支持を受けるお笑いトリオ・東京03の豊本明長。かつて幼い律子を引き取った叔父・行島道夫役に、映画『罪の声』での演技が高く評価され第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞はじめ、各映画賞の受賞で話題となった、宇野祥平。



 彼らが語る律子の印象はすべてがバラバラで、掴みどころが無い。彼らにとっての“池松律子”とは、どんな女なのか。そして、本当の“池松律子”とは、どんな女なのか。



 本作は、ドラマ・舞台・小説の3つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクトで、舞台版は、劇団・ゴツプロ!が手掛け、4月23日より下北沢・本多劇場にて上演予定(※舞台版で律子を演じるのは小泉今日子)。その舞台版から、律子の父・池松喜平役に塚原大助、公平の父・君塚隼吾役に浜谷康幸、姫昌の父・村上松夫役に泉知束の出演が決定。脚本を務める、山野海(筆名:竹田新)も、津田口と行動を共にする検察事務官・南川澄子役で出演する。



 さらに、津田口の上司で東京地検中央支部・支部長の木田武役を、辰巳琢郎が演じる。



 本作のキーアイテムとして劇中に出てくる津軽三味線の監修に、小山流三代目の小山豊氏が参加。同氏が手掛ける楽曲「時雨」が本作の主題曲として採用されることも明らかになった。



 「第44回 日本アカデミー賞」9部門受賞で注目を集めている映画『ミッドナイトスワン』(2020年)をはじめ、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』(19年)、映画『下衆の愛』(16年)など、話題作を手掛ける内田英治監督のもと、力のあるキャスト陣で織り成す濃厚な人間ドラマに期待が高まる。



■『WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て』

・WOWOWプライム/WOWOWオンデマンド

5月14日スタート、毎週金曜 後11:00~放送/配信(全8話)※第1話無料放送



・TELASA

各話終了後配信スタート
カテゴリ