若月佑美、ウエイトレスの制服姿を披露「コーヒーを出したり下げたり、家で練習していました」

若月佑美、ウエイトレスの制服姿を披露「コーヒーを出したり下げたり、家で練習していました」

 カンテレで23日に放送される千原ジュニア主演のドラマ最新作『新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!~』(後7:00~9:59※関西ローカル)に、女優の若月佑美が出演。劇中のウエイトレスの制服姿の写真と、撮影を振り返ったコメントが到着した。



【場面写真】陰ながら銀次郎をサポートする翠(若月佑美)



 『新・ミナミの帝王』は、漫画「ミナミの帝王」(原作:天王寺大、萬画:郷力也、「週刊漫画ゴラク」連載中)を実写化した作品で、借金をどんな手を使ってでも取り立てることから“ミナミの鬼”と恐れられている、ジュニア演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が主人公のヒューマンドラマ。2010年の放送スタートから11年目、シリーズ第20作にして初のゴールデン帯での放送となる。



 第20作「銀次郎の愛した味を守れ!」は、銀次郎が通う小さなビストロを舞台にコロナ前、コロナ禍そしてコロナ後のミナミを描いたストーリー。若月は、銀次郎と弟分・坂上竜一(大東駿介)が行きつけの喫茶店「エリエート」のウエイトレス・薄井翠役。翠は、愛想はないが物怖じしない性格で銀次郎から調べ物を頼まれるなど陰ながら銀次郎をサポートしていく。



 若月は「作品名を聞いたときは、正直、怖いのかなと思ったんですけど(笑)。まず現場が明るくて、笑いが絶えなくて」と、撮影に参加した感想を述べ、初めてのウエイトレス役については「“初めて感”は絶対に出してはいけないですし、“いつもの日常感”を出せるようにと思って、コーヒーを出したり下げたりする時、スムーズにできるように、家で練習していました(笑)」と、明かした。



 銀次郎役の千原ジュニアについても「ジュニアさんって思う前に、目の前に銀次郎がいる!って思いました(笑)。実際にお会いしたら、背がとても高くて、スラっとしていて、カッコいいなって。(これまでは)お笑い芸人としてのジュニアさんの印象しかなかったので」と、初共演を振り返った。



 そして「今回の『新・ミナミの帝王』は、コロナのことにも触れていたり、誰しもが経験したことがあったり、言葉にしたいことが出てきたりとか、リンクすることが多いんじゃないかと思います。その中にも笑いがたくさんあって…フィクションのようなリアルなような、そんなところを楽しんでいただければステキなんじゃないかなって思います」とメッセージを寄せた。自身については「いや~、私はもう…新しく入った店員をよろしくお願いします(笑)」とアピールしていた。
カテゴリ