BTSが『日本GD大賞』アジア部門V3&8冠「真心を伝えることができる音楽を」

BTSが『日本GD大賞』アジア部門V3&8冠「真心を伝えることができる音楽を」

 日本レコード協会が15日、『第35回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表した。昨年1年間でCD、音楽ビデオ、有料音楽配信等の正味売上が最も多かったアジアのアーティストに贈られる「ベスト・エイジアン・アーティスト」は、韓国の男性7人組グループ・BTSが3年連続(3回目)で受賞した。



【動画】「かわいいの渋滞」BTS、NGシーン入り「Dynamite」MV



 BTSは「僕たちが3年連続『ベスト・エイジアン・アーティスト』を受賞することになりました。いつも僕たちに多くの愛と応援をくださるARMY(ファン)の皆さん本当にありがとうございます。そして、良い音楽とステージを皆さんにお見せできるように支援してくださるパン・シヒョクPDといつも尽力いただいているBig Hitスタッフの方々にも感謝の気持ちを伝えたいです」とのコメントを寄せた。



 BTSはアルバム『MAP OF THE SOUL:7 ~ THE JOURNEY ~』が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)と「ベスト3アルバム」(アジア)に輝き、『MAP OF THE SOUL:7』は「ベスト3アルバム」(アジア)を、『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF' - JAPAN EDITION』は「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」(アジア)を、「Dynamite」は「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(アジア)、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)、「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」をそれぞれ受賞。計8冠を獲得した。



 世界的ヒット曲「Dynamite」が新設された「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)の初受賞作品となり、BTSは「僕たちの『Dynamite』を聴いてくださったすべての方のおかげでこの賞を受けることができたと思います。音楽を通じて多くの方々に時には幸福を、時には癒しを与えることができることを願いましたが、このような大きい賞まで受け取ることになって非常にうれしいです。今後も多くの方々に真心を伝えることができる音楽をお届けするBTSになります」とのメッセージを発信した。



■『第35回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品一覧



▽アーティスト・オブ・ザ・イヤー

【邦楽】嵐(2年連続7回目)

【洋楽】クイーン(3年連続4回目)



▽ベスト・エイジアン・アーティスト

【アジア】BTS



▽ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト

氷川きよし



▽ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー

【邦楽】SixTONES

【洋楽】Jawsh 685

【アジア】TOMORROW X TOGETHER



▽アルバム・オブ・ザ・イヤー

【邦楽】『STRAY SHEEP(米津玄師)

【洋楽】『クロマティカ』(レディー・ガガ)

【アジア】『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』(BTS)



▽シングル・オブ・ザ・イヤー

「Imitation Rain / D.D.」(SixTONES vs Snow Man)

「D.D. / Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)



▽ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』(嵐)

『スティール・ホイールズ・ライヴ』(ザ・ローリング・ストーンズ)

『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' - JAPAN EDITION』(BTS)



▽ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード

【邦楽】「I LOVE...」(Official髭男dism)

【洋楽】「Closer (Tokyo Remix) (feat. 新田真剣佑)」(The Chainsmokers)

【アジア】「Dynamite」(BTS)



▽特別賞

「香水」瑛人

LiSA
カテゴリ