BTS、韓国歌手初『グラミー賞』単独ステージで気持ち新た「次の目標に向かって進む」

BTS、韓国歌手初『グラミー賞』単独ステージで気持ち新た「次の目標に向かって進む」

 韓国の7人組グループ・BTSが、現地時間14日(日本時間15日)にロサンゼルスで行われた米音楽界最高峰の祭典『第63回グラミー賞』授賞式で韓国アーティスト初ノミネート作品となった「Dynamite」のパフォーマンスを披露した。グラミー賞での韓国アーティスト単独ステージも今回が初となった。



【写真】韓国の美しい風景を背にヘリポートでパフォーマンスしたBTS



 コロナ禍で渡米できず、収録でのパフォーマンスとなったが、「グラミー賞」の象徴である巨大なグラモフォン(最初のディスク蓄音機)の前で特別なパフォーマンスを披露。現地で歌っているかのような演出や、漢江をはじめとする韓国・ソウルの夜景も映し出され、ソウルとロサンゼルスをつなぐパフォーマンスを完成させた。



 BTSは2019年にプレゼンターとしてグラミー賞授賞式に初参加。昨年は米ラッパー、リル・ナズ・Xのステージに加わり、韓国アーティストとして初パフォーマンスした。初ノミネートされた今回は、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」候補となった「Dynamite」をBTS単独でパフォーマンス。受賞は逃したものの、新たな歴史を刻んだ。



 BTSは所属事務所を通じて「グラミー賞でそうそうたるグローバルミュージシャンとともにノミネートされたことに続き、念願の単独公演まで披露した。意味ある瞬間として記憶されるだろう」とコメント。「すべてARMYの皆さんのおかげ。次の目標に向かって休まず進んでいく」と、気持ちを新たにした。



 授賞式の模様は、きょう15日午後10時からWOWOWプライムで再放送(字幕付き)される。
カテゴリ