藤川球児氏、阪神の注目選手質問に困惑「立場上言えない」

藤川球児氏、阪神の注目選手質問に困惑「立場上言えない」

 昨季限りで現役を引退し、現在はプロ野球・阪神タイガースのスペシャルアシスタントを務める藤川球児氏が15日、オンラインで行われた『教えて!臼井社長』特別談義に出席した。



【写真】特別談義を行った藤川球児氏&臼井朋貴社長



 今シーズンのプロ野球の展望を聞かれると「外国人選手の入国遅れで格差が出ているのは気になるところ。日本人選手にチャンスが生まれたことでもあるので、野球界が若々しくなってほしい」と期待。



 阪神の注目選手についての質問には「立場上、興味を持ってはいけないんですよ。解説者としては言えますけど、スペシャルアシスタントなので言えない。テレビの解説でも困りますね」と苦笑した。それでも「注目は首脳陣。監督の決断力と我慢を見たい」と矢野燿大監督の手腕をポイントにあげた。



 さらに阪神の順位予想は「評論家としてやらないと決めているやつなんです。新聞の評論家でありながら、順位予想をしないでいいならということで契約しているので(笑)。順位予想はできないけど、他球団の外国人選手の入国が遅れていることや、藤浪(晋太郎)選手の活躍などいろんな条件がついてくるけれど、昨年よりチャンスはあると思っています」と話すにとどめた。



 この日は、auじぶん銀行の臼井朋貴社長が「球界の後輩に向けた資産運用術」のレクチャー、若手野球選手が抱えるお金の悩みを共有。臼井社長は「コロナ禍はまだまだ大変。早く解消して、経済もスポーツ界も明るくなることを期待したい」と野球と経済の両面の話で盛り上げた。
カテゴリ