ディーン・フジオカ&岩田剛典『シャーロック』映画化「ワクワクドキドキです」

ディーン・フジオカ&岩田剛典『シャーロック』映画化「ワクワクドキドキです」

 主演ディーン・フジオカ、共演・岩田剛典で、2019年10月期にフジテレビ“月9”枠で放送された連続ドラマ『シャーロック』が映画化される。『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のタイトルで2022年公開予定。ディーンからは「映画化されると聞き、大変うれしく、光栄です。濃い熱量の物語がこれからも続いていくと思っていたので、ワクワクドキドキです」と、喜びの声が届いている。



【画像】絵本を作っていたディーン



 ドラマ『シャーロック』は、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案として、現代の日本を舞台に、ディーン演じる犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる元精神科医の若宮潤一が、東京のさまざまな街で起こる事件を解決しつつ、唯一無二のバディとしての絆も深めていく様を描いた。



 その作りこんだストーリーに、魅力的なキャラクター造形、テンポの良い演出とエンタテインメント性で視聴者をひきつけ、全11回の平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)を獲得。連ドラの終盤では、主人公・獅子雄と宿敵の犯罪者・守谷壬三との緊迫感ある対峙とその衝撃的なラストに注目が集まった。引き続いての放送となった特別編では、シリーズ最終話で死亡したと思われた獅子雄が3年ぶりに若宮のもとに帰って来て、物語の幕を閉じた。



 それから1年余り。映画では、二人の再会後、再びバディとして事件の依頼を受け始めた最初の事件を描く。ストーリーのモチーフにしたのは、タイトルにもある「バスカヴィル家の犬」。イングランド郊外の魔犬の伝説を基にした事件が描かれ、“シャーロキアン”と呼ばれるシャーロック・ホームズ研究家やホームズファンたちの間でも、「シャーロック・ホームズ」シリーズ史上最高傑作と呼び声の高い長編ミステリーだ。映像化も数多くされているが、舞台を日本に移し、登場人物の役名や立場も日本風に書替えた翻案ものとして日本で映像化されるのは初となる。



 ディーンは「映画としても魅力あるものになるのは間違いないと確信しています。劇場で初めてこの作品を見る方々にも楽しんでいただける、スリリングかつスケール感のある作品になっていると思います。謎解きはもちろん、人間の複雑な感情のやり取りや悲しい運命の物語があってとても深く心に刺さると思います。ドラマから応援してくださっている方々には、獅子雄と若宮の二人の関係性の変化や獅子雄の新たな一面を見ていただけるかも!? 公開まで楽しみに待っていてください」と、コメント。



 岩田も「映画での若宮は、泣いたり笑ったり照れたり走り回ったり叫んだりといろいろあってテンコ盛り(笑)。ドラマでは見せられなかった若宮の側面が見られると思います」。そして、まだ発表にはなりませんが僕自身も物凄くテンションが上がる豪華なキャストが集まり、謎解きを楽しんでいただける豪華なエンタメ作品になっています」と、自信をのぞかせている。



 監督は、映画『容疑者Xの献身』(2008年)、『真夏の方程式』(13年)、『昼顔』(17年)の西谷弘。ドラマ『シャーロック』の演出も手掛けており、テレビシリーズのスタイリッシュさに、映画ならではの重厚さ・骨太さが加わった作品が期待される。



 物語は、若宮の元に、日本有数の資産家から、娘の誘拐未遂事件の犯人捜索を依頼されるも、その直後、資産家は莫大な遺産を遺して謎の変死を遂げたことからはじまる。資産家の死と、誘拐事件の真相を探りに、瀬戸内海のある島に降り立つ獅子雄と若宮。待ち受けていたのは、一癖も二癖もある華麗なる一族の面々と、怪しき関係者たち…。周囲から遮断されたその島に言い伝わる伝説・人を襲う不気味な魔犬の仕業がささやかれ、連鎖するように次々に起こる事件。複雑に絡み合う人間関係と、交錯する現在と過去。これは開けてはいけない“パンドラの箱”だったのか? そして、若宮に絶体絶命の危機が迫る…その時、獅子雄の決断は? やがて、二人がたどり着いた恐ろしき真相とは? 東京から遥か彼方のいわく付きの島へ、TVドラマから映画へとまるで解き放たれた狂犬かの様に、獅子雄と若宮の二人が所狭しとスクリーン上を暴れまわる。
カテゴリ