非難されても仕方ない? 既婚男性を誘っていると勘違いされる女性の言動

非難されても仕方ない? 既婚男性を誘っていると勘違いされる女性の言動

既婚者だから安心だと思って、男としての危機感を持たずに「仲よく」接している男性はいませんか?
いくらその気がなかったと言っても、行動次第ではあなたに非があると言われかねない事態になってしまう可能性もあります。
相手が勘違いしてしまうような距離感を取ってしまっていないか、一度チェックしてみましょう。
仕事の相談や愚痴
上司への対応の仕方や、取引先とのやりとり、ちょっとした雑談の内容、愚痴など、先輩から学ぶことはたくさんあります。
しかし、優しいからと男性上司ばかりに頼ると、やましいことがなくても周囲の見る目は変わってきます。
意見を聞きたいなら、男女問わず聞くようにしましょう。
また、いくら純粋な応援だとしても、「頑張れよ」「大丈夫だよ」などのボディタッチを許すのもNG。
相手の男性が、「この子、俺に気があるな」と勘違いする引き金になってしまう可能性もあります。
恋愛の悩み相談
仕事の飲み会で恋愛の話になり、人生の先輩としてもっと意見を聞きたいと思うことがあるかもしれません。
しかし、既婚男性とふたりで飲みに行くのは、どんな理由があっても控えるべき。
相手の男性をそそのかしていると言われてしまえば、ふたりきりで出かけている以上、反論の余地なしと見なされてしまいます。
「彼氏の相談をしてるんだから、その時点で気があるわけないでしょ!?」と思うかもしれませんが、「ふたりきりがOK=気がある」と思って、相手の男性が迫ってくる可能性も多いにあるのです。
仕事以外でプライベートの相談をしたいなら、仲のいい数人のグループで集まりましょう。
プライベートの共通点
既婚未婚に関わらず、変わった趣味なのにたまたま合致したなどの場合、一気に親近感がわいてしまうものです。
お互いに仲よくしたくなる気持ちはわかりますが、プライベートで出かける予定を立てるべきではありません。
プライベートで既婚男性とふたりで出かけているなどとわかれば、「同じ趣味だから」と言われても、よく思う人はいません。
奥さんや子どもも一緒に、彼氏も一緒になど、趣味の交流を深めたい場合は、必ずふたりきりではない状況からはじめましょう。
責任を持てる行動をする
立ち居振る舞いが大人で、支払いもスマートで、なにより甘やかしてくれる......。
独身女性にとって、既婚者男性は、一緒にいて得る物が多いと感じてしまうものです。
しかし、既婚者だから迫ってこないだろうと思ったら大間違い!
万が一、安易な行動で「相手がその気になってしまったら......」と考えて、自分の行動には責任を持ちましょう。
image via Shutterstock
(ブリトニー安江)

カテゴリ