萩原みのり、Travis Japan宮近海斗から“スベり”巻き込み事故「私は大爆笑したんですけど…」

萩原みのり、Travis Japan宮近海斗から“スベり”巻き込み事故「私は大爆笑したんですけど…」

 女優の萩原みのり(24)とジャニーズJr.の人気グループTravis Japanの宮近海斗(23)が17日、都内で行われたMBSドラマ特区『RISKY』(25日スタート 毎週木曜深0:59)完成披露トークイベントに出席した。ドラマの内容にちなみ最近“ゾクゾクキュンキュンしたこと”を発表。宮近は「萩原さんは大爆笑していたので、みなさんも大爆笑になると思います」と前フリするもビミョ~な反響の会場に「萩原さんだけでした…」と反省モードとなった。



【写真】直筆で“ゾクキュン”エピソードを発表した宮近海斗



 宮近は「僕はジャニーズ事務所に所属してまして、歌と踊りをやるなかでリハーサルもあるんですけど、コレオグラフしてくれるのがゲキコワ振付師さん。僕の意見を発信しようとメンバーの位置を指とかで(説明していたら)『おい、宮近! お前、今の指なんだ』って。僕はゾクッとしたわけです。これが“ゾクキュン”の“ゾク”です」と“漫談”さながらにスタート。



 そして「そしたら『右手と左手の人差し指、長さ違うな』って…え~そこって。ゲキコワな人が。顔くしゃくしゃにして笑ってたので、そんなお茶目な姿にキュンとしました……萩原さんだけでした」と撃沈。それを受け、萩原は「私も一緒にスベったみたい。私は大爆笑したんですけど間違ってた気がする。あと3ウケしてほしかった」と苦笑していた。



 この日は山下リオ(28)、深川麻衣(29)、古川雄輝(33)らメインキャストが参加。きょう、クランクアップしたばかり撮影現場のエピソードを聞かれた宮近は「何かありますかぁ?」と他キャストを見回すものの、萩原は「全員、ネタバレにビビってるんです。何をどこまで言って良いのか…」と戸惑いの表情。



 そんななか古川が「みんな寒い思いはしてる。衣装が薄かったり、血でぬれてたり…」と先陣を切ってコメント。「温まるために火とか囲みました。『あったかいなぁ』って」と振り返る宮近に、「それは言ってないな」と古川がツッコミ。宮近は「みんなが寒さを耐え忍ぶキャストさんたちの姿が印象的。夢にも出てくると思います、後ほど…」と不思議コメントでまとめていた。



 今作は、電子コミック配信サービス『めちゃコミック』で累計ダウンロード数が1700万超えしたオリジナル漫画『RISKY~復讐は罪の味~』を実写化。幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロイン・ひなた(萩原)が、姉・かなた(深川)の人生を狂わせた“女”美香(山下)に復讐を仕掛けていく、スリリングで“ゾクキュン”なラブ・サスペンスを展開する。



 TSUTAYAプレミアム/TUTAYA TVにて18日より先行配信スタート。
カテゴリ