Travis Japan宮近海斗、ひと肌脱いだシーンに自信「体をキュッとさせる作業もした」

Travis Japan宮近海斗、ひと肌脱いだシーンに自信「体をキュッとさせる作業もした」

 ジャニーズJr.の人気グループTravis Japanの宮近海斗(23)が17日、都内で行われたMBSドラマ特区『RISKY』(25日スタート 毎週木曜深0:59)完成披露トークイベントに出席した。



【全体ショット】萩原みのり、山下リオ、深川麻衣らキャストが集結



 今作は、電子コミック配信サービス『めちゃコミック』で累計ダウンロード数が1700万超えしたオリジナル漫画『RISKY~復讐は罪の味~』を実写化。幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロイン・ひなた(萩原みのり)が、姉・かなた(深川麻衣)の人生を狂わせた“女”美香(山下リオ)に復讐を仕掛けていく、スリリングで“ゾクキュン”なラブ・サスペンスを展開する。



 美香の会社で働くミステリアスな好青年を演じた宮近は「宮近海斗自身も演じたことのないキャラで模索はしたんですけど、ひと肌脱がせていて…。そのため体をキュッとさせる作業もしたので。ひと肌というか服を脱ぎました」と笑顔で報告。「そういうシーンは宮近自身も世の中にお届けしたことなかったので、披露できたのは、自分の中では大きな何かになったかと思います。引き続き、ひと肌脱いだシーンを楽しみにして」と新境地に自信を見せた。



 またこの日は地上波初出演となった萩原、山下、深川、古川ら、今朝クランクアップをしたばかりのメインキャストが参加。美香の婚約者であり、かなたの元婚約者、さらにひなたにも惹かれる…といったエリート商社マン・桜井亨役の古川は「ひとつの作品で3人の女性と恋愛関係になることもないので演じ分けないとなと。萩原さんのことは今好きで、深川さんは過去好きで、山下さんは好きだけど別れたい。優柔不断な人物です。僕も優柔不断。ご飯決めるときとか…」と苦笑していた



 また、復讐“する側”を演じる萩原は撮影を振り返り「とにかく山場は10個くらいあった感じでハイカロリー。現場は大好きで楽しみなはずなのに『はぁ~』って肩が重い。復讐をするってこんなに疲れるんだなと。1日に消費するカロリーがものすごいんです」と気苦労を語る。



 復讐“される側”の山下も「とにかくハイカロリー。実際に心がそがれてく」と精神的にも負担もありながら、「泣き叫んだりしたシーンもたくさんあって、終盤はだいぶキーがだせるようになってのどが鍛えられました」とポジティブに語った。深川は「毎日、自分の出ているところでなくても、どこかしらで事件が起こっていて毎日が濃厚。かなたの過去も“ゾクキュン”しながら見てください」と呼びかけた。



 TSUTAYAプレミアム/TUTAYA TVにて18日より先行配信スタート。
カテゴリ