ブラックパンサー声優・田村真と振り返る、チャドウィック・ボーズマンさんの軌跡

ブラックパンサー声優・田村真と振り返る、チャドウィック・ボーズマンさんの軌跡

 昨年、亡くなったチャドウィック・ボーズマンさん最後の劇場公開主演&プロデュース作品『21ブリッジ』。4月9日より劇場公開されるのを前に、『ブラックパンサー』ほか数々の作品でチャドウィックさんの日本語吹替えを担当してきた田村真が、彼の歴史とともに『21ブリッジ』の魅力をナビゲートする特別映像が解禁された。



【動画】チャドウィック・ボーズマンさんの魅力が詰まった特別映像



 2020年8月20日、チャドウィックさん死去のニュースが世界中に伝えられると多くの人々がキングの死を悲しみ、ウィル・スミス、クリス・エヴァンス、ドウェイン・ジョンソン、バイデン米大統領、マライア・キャリー、マーベル・スタジオ、ルーカスフィルムなども追悼コメントを寄せた。



 『42~世界を変えた男~』『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』など数々のアイコニックな黒人ヒーローを演じてきたチャドウィックさん。『ブラックパンサー』で世界的にその名を知らしめた頃には既にがんに蝕まれていたという。しかし、彼は病を公にせず、闘病生活と映画撮影を両立させながら最後まで戦うことを誓った。



 『21ブリッジ』は、「最後まで、戦う。」というキャッチコピーの通り、彼が闘病生活と両立させて完成させた作品。容疑者逮捕のためにNYマンハッタン島を封鎖するという卓越したアイデアに、チャドウィックさん自身が惚れ込み、プロデューサーとしても参加した。「動きだしたら止まらないアクションに乞うご期待」とチャドが呼びかけるほか、プロデューサーのルッソ兄弟、シエナ・ミラー、J・K・シモンズのコメントも交えた映像からは、本作がチャドウィックさんのヒストリーを語る上で欠かせない必見作である事が伝わってくる。



 今回、ナビゲーターとして携わった田村は、チャドウィック・ボーズマンについて「ブラックパンサーの大成功を機に、世界中の人たちがさらなる活躍に期待を膨らませた事と思います。チャドウィックさんが演じるキャラクターをもっともっと観たかった。そして、もしそのキャラクターを僕が吹き替えさせていただくことが続いたら、いつの日かチャドウィックさんに会えるのではないかと、そんな夢のまた夢みたいな事も想像したものです。世界中で一番会いたい人でした。残念でなりません」と、追悼の意を表した。



 改めて、伝説的な彼の軌跡を振り返り、「童顔でとても柔和な印象がありますが、演じたのは、困難にも敢然と立ち向かう、厳しくもあり芯の強い役が多かったと思います。これはチャドウィック・ボーズマンその人自身が、毅然とした態度で、世間や世界と対峙するんだという信念の表れだったのではないかと想像します。チャドウィック・ボーズマンが備え持った品性を、吹き替えで無くさないよう、どの役を演じるにあたっても意識しました」と、語っている。



 なお、解禁された映像は3月20日よりCS「ムービープラス」で放映される。

カテゴリ