杉野遥亮主演『直ちゃんは小学三年生』ギャラクシー賞月間賞を受賞

杉野遥亮主演『直ちゃんは小学三年生』ギャラクシー賞月間賞を受賞

 俳優の杉野遥亮が主演を務めたテレビ東京系ドラマ25『直ちゃんは小学三年生』(1月8日~2月12日放送)が、ギャラクシー賞テレビ部門2021年2月度月間賞を受賞した。



【画像】杉野遥亮の描き下ろしたグッズ



 同ドラマは、4人の“小学三年生”が繰り広げる、クスッとさせつつも少しブラック味のあるヒューマンコメディー。杉野はリアルな小学三年生・直ちゃんを演じ、同級生の友だち役で渡邊圭祐、前原滉、竹原ピストルが共演。視聴者はかつての自分と重ね合わせたり、小学生あるあるネタを楽しんだりする一方で、「義務教育」「貧富」「ジェンダー」「夫婦別姓」「生と死」など、社会性のあるテーマを盛り込んだ内容がSNSを中心に大きな反響を呼んだ。



 ギャラクシー賞は、NPO法人放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するために1963年に創設。テレビ部門では、毎月・自主的に番組を推奨する「月間賞」を選定。



 同ドラマは、BSテレ東にて、4月7日から毎週水曜深夜0時より放送予定。また、ひかりTV、Paraviにて全話配信中。



青野華生子プロデューサー

「本作の情報解禁時『どんな作品になるのか想像のつかない視聴者の方も大勢いらっしゃると思いますが、楽しく、そしていろいろな角度からご覧いただけたらうれしいです』とコメントを書きました。それが通じて、視聴者のみなさまが思いを巡らせて作品をご覧くださったことが何より幸せです。

私のわがままをたくさん聞いてくださった近藤監督、脚本の熊本さん、プロデューサー陣、スタッフのみなさん、思い切って飛び込んでくださった杉野さんをはじめとするキャストのみなさん、この作品にとってこれ以上ないほどの素晴らしい楽曲を提供してくださったOKAMOTO'Sさん・小山田壮平さん、愛あるご声援を贈り続けてくださった視聴者のみなさま、この賞が恩返しの一つになったら幸いです。本当にありがとうございます!!」
カテゴリ