中山美穂、初の刑事役に挑戦 小泉孝太郎主演『ゼロ係』ノンスタ石田も新レギュラー

中山美穂、初の刑事役に挑戦 小泉孝太郎主演『ゼロ係』ノンスタ石田も新レギュラー

 女優の中山美穂が、テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON5』(4月30日スタート、毎週金曜 後8:00)で、キャリア初の刑事役に挑戦することがわかった。警視庁刑事部・捜査一課・管理官の保科玲役を演じる。



【写真】シーズン5のポスタービジュアル完成



 作家・富樫倫太郎氏の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社)を、小泉孝太郎主演でドラマ化した本作。連続ドラマとして、金曜8時のドラマ枠初のシーズン5が放送される。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」通称ゼロ係を舞台に、空気は読めないのに事件は読める“究極のKY刑事”小早川冬彦(小泉)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事の寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が、ゼロ係のメンバーと共にさまざまな難事件を解決していく物語。



 中山が演じる保科玲は、10年前、冬彦が科学警察研究所にいたときのチーム長で、冬彦とは深い関係が…? 



 さらに、1月に放送された『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜出張捜査スペシャル』にも出演した石田明(NON STYLE)が、同スペシャルで演じた静岡県警・須那署「よろこんで相談室」に勤務する大林秋彦の双子の弟、大林夏彦役でレギュラー出演することに。



 夏彦は、捜査一課に配属されたが、事もあろうに警視庁の参事官を誤認逮捕してしまい、不本意にも「なんでも相談室」の新メンバーとなる。秋彦は、冬彦と同じ「赤」と「かぶ」がトレードマークだったが、夏彦は「黄緑」を身にまとい、甘いものが大好きな「スイーツ男子」という設定だ。



 ちなみに、今回の冬彦のトレードマークはベビーキャロット。いちご、スイカ、唐辛子、トマト、サツマイモ…と、赤い食べ物がトレードマークの冬彦。今回はいたるところに人参が散りばめられたキャロットファッションを披露する。



 また、名前の通り周りからは“鬼のようだ”と恐れられている警視庁捜査一課警部・鬼塚純平役で本宮泰風、警視庁捜査一課刑事・前田敦役で木戸邑弥が出演する。
カテゴリ