【日本アカデミー賞】新人俳優賞がレッドカーペット 永瀬廉、岡田健史、奥平大兼がハニカミながら登場

【日本アカデミー賞】新人俳優賞がレッドカーペット 永瀬廉、岡田健史、奥平大兼がハニカミながら登場

 『第44回日本アカデミー賞』で新人俳優賞を受賞した服部樹咲(14)、蒔田彩珠(18)、森七菜(19)、岡田健史(21)、奥平大兼(17)、永瀬廉(22)が19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式で初々しくレッドカーペットを歩いた。



【写真】二宮和也に長澤まさみも!主演・助演賞など受賞者一覧



 最初に登場した永瀬、岡田、奥平の男性3人組は、はにかみながら登場。途中では談笑する場面もあり、若々ししさに加え落ち着いた様子も見せた。女性陣の服部、蒔田、森はきれいなドレス姿で姿を見せ、レッドカーペットを堂々と歩いた。



 服部は、草なぎ剛主演の『ミッドナイトスワン』で女優デビュー。母親からネグレクトを受け、遠い親戚の凪沙(草なぎ)のもとに来る一果役を担った。



 蒔田は、『朝が来る』で「特別養子縁組」というシステムを知り、男の子を迎え入れた栗原清和(井浦新)と佐都子(永作博美)夫婦のもとに「子どもを返してほしいんです」と電話を入れた産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性を演じきった。



 森は、岩井俊二監督のオリジナル作品『ラストレター』に出演した。手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリーにおいて、裕里(松たか子)の学生時代を演じた。



 岡田は、『望み』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』『弥生、三月-君を愛した30年-』と3本の映画に出演。高校生から刑事役まで、幅広い役柄に挑戦した。



 奥平は、長澤まさみ主演の『MOTHE マザー』で銀幕デビュー。秋子(長澤)の歪んだ愛情しか知らずに育った少年・周平を演じた。



 永瀬は、人気漫画を実写化した『弱虫ペダル』で主演。自転車競技に青春をささげる高校生たちの熱き戦いを描いた作品で、きっちり眉の上で切られた前髪に丸メガネで内気な主人公・小野田坂道の原作ビジュアルを再現した。
カテゴリ