【日本アカデミー賞】渡辺謙が初の最優秀助演男優賞「福島のみなさん、獲りました」

【日本アカデミー賞】渡辺謙が初の最優秀助演男優賞「福島のみなさん、獲りました」

 『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、渡辺謙(61)が映画『Fukushima 50』(若松節朗監督)で最優秀助演男優賞を受賞した。渡辺は『沈まぬ太陽』『明日の記憶』で最優秀主演男優賞を受賞しているが、同賞を受賞するのは初めて。



【写真一覧】二宮和也に長澤まさみも!授賞式に登場した豪華俳優陣



 『Fukushima 50』は、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた東日本大震災により発生した原発事故の現場に残った名もなき作業員たちにスポット。佐藤浩市が原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺が福島第一原発所長だった吉田昌郎さんを演じた。



 渡辺は「今年は参加することに意義があると思っていました。福島のみなさん、獲りました!」とスピーチ。その後のインタビューでは「原発事故で被災された方々を背中に感じながら映画をやってきた。ちょうど今年10年目ということもあり、これをいただけたのはその方々の力だと思います」と福島の方たちに感謝した。



 優秀助演男優賞にはそのほか、宇野祥平(『罪の声』)、妻夫木聡(『浅田家!』)、成田凌(『窮鼠はチーズの夢を見る』)、星野源(『罪の声』)が選出された。
カテゴリ