【日本アカデミー賞】劇場版「鬼滅の刃」が最優秀アニメーション作品賞

【日本アカデミー賞】劇場版「鬼滅の刃」が最優秀アニメーション作品賞

 『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日、都内で開催され、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(外崎春雄監督)が最優秀アニメーション作品賞を受賞した。



【写真】『鬼滅の刃』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など受賞作のビジュアル



 同作は、吾峠呼世晴氏の漫画を原作に2019年4月から放送されたTVアニメの続編となる作品で、社会現象を巻き起こした。昨年末、19年ぶりに日本の歴代興行収入の1位記録を塗り替えたことは記憶に新しく、現在も興収386億円を突破し動員を伸ばし続けている。TVアニメの最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、主人公・炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開されている。



 今回、最優秀アニメーション作品賞に加えて話題賞も受賞しており、企画を担当した岩上敦宏氏は「話題賞というのは、エンターテインメントに関わる者としては、本当にうれしい賞だなとそう思っております。アニメは、本当に多くの方々で作ってますので、私が代表してここで受け取らせていただいていますけれども、鬼滅の刃のこの1年間を振り返ると、受け取った私が言うのも変かもしれませんけど、話題賞にふさわしい作品だったんじゃないかなとそう思っております」と回想。



 続けて「無限列車編は、多くの方にご覧いただけましたし、吾垰呼世晴先生の漫画も週刊少年ジャンプで堂々完結し、コミックスも大ヒットし、様々な商品化や企業コラボや、日本中のファンの皆さんを楽しませてくれた、そんな作品じゃないかなと思っております」と述べた。



 「この素晴らしい作品に、われわれは、アニメ製作チームとしては、これからも取り組んでいきたいと思っております。ufotableでは、無限列車編の続編を絶賛制作中ではありますので、これからも鬼滅の刃ファンのみなさんに楽しんでいただけるように取り組んでいきますので、ぜひ応援をよろしくお願いいたします」と制作が進行しているアニメの続編についても期待を煽った。



 優秀アニメーション作品賞はそのほか、『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(石立太一監督)、『映画 えんとつ町のプペル』(廣田裕介監督)、『ジョゼと虎と魚たち』(タムラコータロー監督)、『STAND BY ME ドラえもん 2』(山崎貴、 八木 竜一監督)が受賞している。
カテゴリ