「あるあるが、あるすぎて、くるしい…」中2のクラス全員に50日間密着映画に反響、14歳の希望と苦悩を今映す意義

「あるあるが、あるすぎて、くるしい…」中2のクラス全員に50日間密着映画に反響、14歳の希望と苦悩を今映す意義

 とある中学校の3学期、「2年6組」の生徒35名全員に密着したドキュメンタリー映画『14歳の栞』が反響を集めている。先行上映は一晩で売り切れ、Twitterで公開された予告動画は570万再生に届く勢いとなり、「あの頃の気持ちがぶわあっと蘇ってきてたまらなかった」「しんどかった。けど今観れて良かった」「どうやって作ったんだ」などの声が続出している。誰もが通ってきた“14歳”という日々を切り取り、ありふれた日常を映画にすることに、どんな狙いがあったのか。本作の企画を手掛けた栗林和明氏と、監督の竹林亮氏に聞いた。



【動画カット】“中2あるある”「いきなり始まる たけのこニョッキ」など500万再生動画ほか、制作舞台裏カット



■14歳は様々な感情が入り混じる“意味不明”な時期「公立校に密着できたのは奇跡」



「企画開始は2018年10月で、もともとユニバーサルミュージックさんから、クリープハイプさんの『栞』という曲を、長く愛され続けるものにしたいというご相談があったのがきっかけでした。最初はフィクションの短編映画をYouTubeで公開するなどの案も出たんですが、歌詞を見ていくうちに『簡単なあらすじなんかにまとまってたまるか 途中から読んでも意味不明な2人の話』という2行が引っかかって。確かに僕らにも曖昧な関係や曖昧な感情はあったし、そうしたものが一番渦巻いている時期は、中学2年生だなと思ったんです。先輩でも後輩でもあり、受験を迎えようとしている時期で、恋愛をする子もいて、子どもでもなく大人でもなく、心も体も変化の大きいとき。大人になった今、改めてそうした時期のいろんな感情を俯瞰して紐解いてみたら、気づけること、受け入れられることもあるんじゃないかと思ったんです」(栗林和明氏 以下・栗林氏)



 企画は間違いなく面白そうだが、ドキュメンタリーとして「一般の多感な14歳」を「1学級まるごと」撮影するのは、想像を絶する大変さがありそうだ。どうやって実現させたのか。



「まずリサーチ会社の協力を得て、学校探しから始めました。400校くらいリサーチした中で、手を挙げてくれたのは4校程度。その中に公立校がいてくれたのは奇跡ですね。もともと公立校の方が多様性と一般性があると感じていましたが、手を挙げてくれる学校がいるか不安でした。実現した要因には、担任の先生の協力も大きかったです。取材の前から、ご自身で授業中にカメラをまわし、『学級通信』として保護者向けにシェアなどもしていたそうで、保護者ともメールなどでコミュニケーションを頻繁にとられている先生だったからこそ、皆さんに集まってもらって直接プレゼンする場を設けていただくことができました」(栗林氏)



 生徒全員と保護者に許可をとった上で、約50日間の密着取材が始まった。毎朝7時に学校に行き、男子の班と女子の班、それぞれ1チーム3人(カメラマン、録音、ディレクター)体制で、登校時から授業中・休み時間、ときには習い事の時間も含め、夜までずっと一緒に過ごすこともあったという。



■驚くほど自然体の理由は生徒たちの“飽き”「恋模様が撮れたのは生徒の勇気のおかげ」



 それにしても映画を観て驚くのは、生徒たちがあまりに自然体であること。なぜあんなにもありのままの姿を撮影できたのか。



「カメラを意識させないよう、カメラは常に脇をしめて腰の少し上くらいの高さに持ち、録音スタッフも顔はよそに向けながら……など注意して、常に撮っているか撮っていないかわからない距離感でいました。もちろん最初は距離もありましたが、1週間くらい経った頃に35人全員にインタビューしたことで、少し距離が縮まり、教育実習の先生に対するくらいの距離感になってきたんですよ。1人1人の名前を覚える努力などを認めてくれたのかなあとは思います。さらに2~3週間になると、リアクションをとるのに飽きたり疲れたりしたこともあるかもしれません(笑)。こちらも楽しくなりすぎないようにしましたし、生徒たちもカメラを観ないように頑張ってくれていました」(竹林亮監督 以下・竹林監督)



 作品が完成した後のお披露目でも、思春期ならではの細やかな配慮が欠かせない。



「男女一緒に観る会は恥ずかしさもあるというので、個別に見せるなど、それぞれに対応しました。多感な時期なので、本人たちに観てもらうまではヒヤヒヤしたんですが、観ながらポロポロ泣いて『すごく良かった』と言ってくれる子がいたり、『良い思い出になりました』とLINEをくれる子がいたり。また、当然だとは思いますが、やはり心配される家族もいて、そのときはしっかりとお話をしながら編集し直すことも。バレンタインやホワイトデーのシーンが撮れたのは、本人の勇気のおかげですね。」(竹林監督)



 さらに、映画が完成しても終わりではない。「個人を特定されないようにすること」「誹謗中傷やプライバシーの侵害がないようにすること」には、特に注力している。



「個人に対する誹謗中傷や、個人の特定につながる恐れがある発信は避けていただくよう、本編の終わりや会場で配布しているプリント、公式アカウントからの発信でもお願いをしています。また、そのほかにもあらゆる事態を想定して対策集を用意し、日々個別に対応を行なっています。」(栗林氏)



■コロナ禍で奇しくも“日常”が“あの頃”に「苦しんでいる人ほど本作を観て、今の自分を肯定してあげてほしい」



 撮影をしてみて最近の生徒たちについて思ったことを聞くと、「大きい夢を語るのを恥ずかしがって、『本当はこうなりたいけど、生活もあるから』みたいに言っていたところが印象に残ってます。」と竹林監督は話す。「不安を全部払拭して願いが全部叶うとしたら、本当は何になりたい?と聞くと、本音がチラホラ出てきたりするけど、声を大にして本音を言えない空気があるのかもしれません。その一方で、昔と変わらないところは多く、特に『友達と遊ぶのが一番楽しい』と言う子は多かったですね」



 また、実際に映画を観た大人の反響には、「すごく共感した」という声と「全く共感しなかった」という2極化した声があがった。



「『楽しい思い出がよみがえった』という一方で、自分の昔を思い出して『苦しい』『つらくなった』という声も多いんです。全体に『感想を一言で言うのが難しい』という声が非常に多く、考えを整理してから感想を長文で送ってくれる人も結構いて、今まで言えなかった感情の整理をここでしてくれているというか。他にも親目線で見たという感想や、クリエイターの方たちの反響も大きく、多種多様な観方があり、観る人を選ばない作品なんだと思いました」(栗林氏)



 ちなみに、本作のキャッチコピーは“学校が、世界のすべてだった頃。”。平成最後の冬に撮影された本作は、生徒たちが気兼ねなく友達と遊ぶことができており、奇しくもコロナ禍により、そのキャッチコピーの持つ意味合いが、より切実に刺さるようになっている。



「僕自身、14歳の頃にはあまり楽しい思い出がなく、学校を結構休みがちでした。映画の撮影で教室に入るときに、思わず体が重くなるような日もあったくらいです。でも、あの頃はこんな風に位置付けられていて、上とか下というよりも、クラスという人の輪の中にいたんだということを客観的に見ることができたら、もしかしたら気持ちのしこりがほぐれたりするんじゃないかと思うんです」(竹林監督)



「僕らが最初に決めていたのは、『観た人の今を肯定する映画にしよう』ということ。彼らを見て『尊い』『頑張ってるな』と思うことは、自分の14歳の頃を認めてあげることにつながると思っていて。そういう時期を経て、一生懸命生き続けてきた今があることを感じてほしい。悩んでいる人、苦しんでいる人にこそぜひ観てほしい。タイトルに『栞』とあるのも、自分の人生の中の14歳に栞をはさんでいつでも戻れるようにという思いからです」(栗林氏)



(取材・文/田幸和歌子)
カテゴリ