Netflix映画『浅草キッド』ヒロインは門脇麦、ビートきよし役に土屋伸之、鈴木保奈美も出演

Netflix映画『浅草キッド』ヒロインは門脇麦、ビートきよし役に土屋伸之、鈴木保奈美も出演

 Netflix企画製作の映画『浅草キッド』(2021年冬配信)の出演者が新たに発表された。タケシと共に夢を追いかける踊り子・ヒロイン千春役に門脇麦、ビートきよし役に土屋伸之(ナイツ)、さらに鈴木保奈美、尾上寛之、風間杜夫などが、名を連ねている。



【写真】師匠・深見役の大泉洋、若き日のタケシを演じる柳楽優弥



 もはや説明不要とも言えるビートたけし。芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、特に映画監督・北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに“唯一無二の天才”。そんな彼の原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした青春時代を描く本作。



 舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、伝説の芸人・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。当時、独特な指導で、舞台上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求めた深見は、東八郎、萩本欽一といった大人気芸人を育てあげていた。その深見の元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。



 ビートたけしが作詞作曲した「浅草キッド」、そして自叙伝「浅草キッド」を原作に、芸人、作家、俳優とさまざまな分野で活躍する劇団ひとりが監督・脚本を務め、大泉洋が伝説の師匠・深見を、柳楽優弥が若き日のタケシを演じる。



 門脇が演じる千春は、タケシと共に夢を追いかける浅草フランス座の踊り子。のちにタケシとツービートを結成することとなるキヨシ役を演じるナイツ・土屋は映画初出演。鈴木は、深見の妻で共にフランス座を守る麻里。尾上は、いち早くテレビに進出し人気を博している深見の弟子・東八郎。風間は、劇場経営者として深見や麻里と深い親交があるタカラ座社長・田山淳を演じる。



■門脇麦(千春 役)コメント

 監督の作品への愛情の深さと熱量が常に静かにひしひしと充満し、緊張感と多幸感で爆発しそうな撮影期間でした。国境を超えて多くの方の胸に刺さる作品になるのではないかと、今から楽しみで仕方ありません。



■土屋伸之(ナイツ)(キヨシ 役)コメント

 自分には場違いな映画撮影の現場でとても不安でしたが、監督はじめ共演者スタッフの皆さんが浅草芸人の事を愛情持って深く理解してくれていたので、まさしく僕たちが体感してきた「人情」を同じ様に感じられる現場でした。すごく幸せでした。そして改めて、映画になる漫才師・ツービートの偉大さを思い知りました。初めて たけしさんに お会いした時に、「舞台で漫才し続ける事がこれからは1番大事になって来るよ」と、うれしい激励のお声をかけて下さいました。その言葉をただひたすら信じてここまでやって来ました。本当に感謝しています。



■鈴木保奈美(麻里 役)コメント

 劇団ひとり監督の、ビートたけしさんへの愛、尊敬、憧れ。絶対に撮りたいイメージ。口数少なく、しかし決して諦めない監督の思いを実現しようとチームが一致団結して撮影に臨む、あたたかく優しく純粋な現場でした。『浅草キッド』への出演が決まった翌週にテレビ局でビートたけしさんにお目にかかる機会がありました。ごあいさつするのが精一杯でしたが、限りない優しさと少年のようなチャーミングさを感じ、原作の味わいがなお深まりました。
カテゴリ