ラジオの魅力は若年層にも浸透…イルカが語る、30年続く人気番組への思い「ラジオは時空を超える」

ラジオの魅力は若年層にも浸透…イルカが語る、30年続く人気番組への思い「ラジオは時空を超える」

 シンガーソングライター・イルカのラジオ『イルカのミュージックハーモニー』(ニッポン放送、日曜朝7時~)が今年30周年を迎えた。同時間帯聴取率首位常連の人気音楽番組であり、近年は若い世代のリスナーも増えている同番組。パーソナリティのイルカは、夫である故・神部和夫とのデュオ「シュリークス」のデビューからアーティスト活動50周年のダブルの節目を迎える。ニューミュージックやフォークといった新しい音楽形式を作り上げた自負、ラジオと共に歩んできた30年についての思いを聞いた。



【写真】「イケメン!」「似てる!」イルカ、息子と照れ笑い2ショット公開



■5~6年のつもりが30年、“時空”を超えてリスナーと繋がる場に



――『イルカのミュージックハーモニー』が30周年を迎えたお気持ちは?



【イルカ】感慨深いです。当初は少なくとも5~6年はスケジュールを空けてほしいとニッポン放送さんに言われたのですが、それが30年ですからね(笑)。リスナーさんとは家族のようなつながりを感じています。



――イルカさんにとってどんな番組ですか?



【イルカ】最初に言われたのは、30代から上の方がターゲットで、日曜日の朝に安心して聴ける音楽番組をやりたいということでした。日曜の朝って特別な“時空”じゃないかと思っていて。お仕事や子育てで大変な中、リラックスできる時間。そこで自分が青春時代に味わった喜びや失恋の悲しみだとかを思い起こしていただいて、またがんばれそうって思ってくれたらありがたいなと。私は過去に『オールナイトニッポン』をやっていましたが、深夜番組だけに『バカヤロー!』と言ったりして騒いでいたんですね(笑)。その頃の子たちが大人になって家庭を持ち、今は『イルカのミュージックハーモニー』で同じ私の声を楽しんでもらっているんです。“時空”を超えて再び巡り合って、お付き合いが続いているのも不思議な感覚です。



――この30年の間にご苦労は?



【イルカ】苦労の意識は全然ないんですよね(笑)。ただ、亡くなった夫(故・神部和夫さん)が北海道・旭川で療養しているときに、コンサートが終わって夫のもとへ行き、それからこの番組のために東京へ戻ってきたりしていました。ディレクターさんは「介護しつつコンサートもたくさんやってラジオもやって、この人はいつ休んでいつ眠っているんだろう」と心配だったようですけど(笑)。



――イルカさんは苦痛とは感じてらっしゃらなかった。



【イルカ】苦痛というよりも、逆に、介護されたり夫を亡くされたり、いろんな方がお便りをくださっても、私自身が体験したことだけに、すぐに気持ちに寄り添えるようになりました。今となっては良い経験だったと思えます。



■音楽とラジオで“新しいカルチャー”作り上げた自負「形式から外れているけど、伝わることもある」



――70~80年代、フォークやニューミュージック、ロックなどのアーティストというと、テレビよりもラジオで活躍していた印象です。当時ラジオはアーティストにとってどういう存在だったと思われますか?



【イルカ】お呼びがかかればテレビにも出演していましたけど、私たちの活動は完全にラジオ中心でしたね。要するに、その頃のカルチャーを作っていたのはラジオだったんです。ラジオを聴いていないと、次の日学校でも話にならない、みたいな時代で、そういった中で、ラジオでしゃべったり曲を聴いてもらうというのは、時代の先端を歩いているような気分でした。



――“時代の先端”という意味では、イルカさん世代から日本の音楽シーンも劇的に変化しました。



【イルカ】フォーク世代と言われている私たちは、先人がいないところから始めているんです。演歌だったら大御所がたくさんいた中に入っていくわけですけど、演歌でもポップスでもないジャンル。いわゆるアメリカンフォークというものが、日本に入ってきたところからオリジナルが始まりました。ファッションもそう、考え方もそう、アーティストやスタッフが一緒になって新しいカルチャーを作ろうと考えていた。形式からは外れているかもしれないけれど、伝わることもあったでしょう。そういう自負が私たちにはあります。



――ラジオ出演はイルカさんにどのような影響を与えましたか?



【イルカ】『イルカのミュージックハーモニー』はリクエストで成り立っている番組ですから、私が知らない曲がかかることも多いんです。そこから刺激も受けますし、プロデュース面で勉強になったりもします。



――この30年で、ラジオはどう変化したと思われますか?



【イルカ】若者がテレビを観なくなったと言われますが、この番組では若者が増えているんですよ。また、東日本大震災でラジオが改めて見直されたとも思いますし、radikoの登場によって劇的な変化も感じます。「タイムフリーで聴いてます」というお便りもたくさんいただきますね。なんでも、今の若い人の間で昭和の歌が流行り出してるらしいじゃないですか。そんな若者たちが『イルカのミュージックハーモニー』を調べてみたら、いろんないい曲が流れてくるから聴き始めた、そんな声も届きますね。



――若者に人気の米津玄師さんやあいみょんさんなども、どこか懐かしい昭和の匂いがすると言われていますもんね。



【イルカ】新しい方々はいろいろな音楽を聴いていて、私たちよりも洗練されている印象です。私たちの世代はもっと荒削りですね(笑)。だからこそ、今聴いても新たな発見があるのではないかと思います。



■ラジオ、着物作家、環境保全活動にも従事した50年「出発点はバラバラでも、基本は歌」



――アーティスト活動50周年の節目でもあります。振り返って印象に残っていることは。



【イルカ】最初は夫と2人で歌っていましたが、ソロになった時、みんなから1人でやるのは難しいだろうと言われたんです。そこを乗り越えたというのがまず、すごい奇跡。そして「なごり雪」という素晴らしい曲にもめぐり逢い、いくらでもコンサートができるとなった時に、私は2年間“冬眠”することを夫とともに決めました。周りからは「バカだなあ、一番儲けられる時に」なんて言われましたが、その頃から絵本を描き始め、子どもも生まれた。夫から、「息切れしないでイルカらしい花を咲かせていくには、ここで休むのが大切だ」と言ってもらい、勇気づけられました。



――50周年記念アルバム『あたしだってLove song!』も発売されます。



【イルカ】絵本作家やIUCN 国際自然保護連合親善大使、着物の作家などいろいろなことをやってきましたが、やっぱり歌を作って歌うというのが基本にあるんです。コンサート、アルバム作り、そしてラジオなどいくつかの柱がありますが、出発点はバラバラであっても、ぐるぐると蜘蛛の糸を張るように今はつながっています。ぜひ聴いてみてください。



――最後にメッセージをお願いします。



【イルカ】私と同じ60歳以上の方を、人生の“デザート世代”と呼んでいます。若い頃に頑張って、ある程度蓄えも時間もあって、一番いいデザートをもらえる世代。その中には音楽とともに歩んできた人生があると思うので、『イルカのミュージックハーモニー』で当時の音楽にときめいてもらい、その気持ちを元気に変えてもらえたら。私も、1日でも長く番組を続けられたらうれしく思います。



(文/衣輪晋一)
カテゴリ