中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』 キーパーソン“たこ役”に光石研

中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』 キーパーソン“たこ役”に光石研

 俳優の中村倫也が主演を務めるテレビ東京系新ドラマ『珈琲いかがでしょう』(4月5日スタート 毎週月曜 後11:06~11:55 ※初回~第3話は5分拡大、後11:06分~深0:00)。追加キャストとして光石研の出演が発表された。



【写真】新鮮!金髪姿で徹底した役作りをした中村倫也



 原作は、『凪のお暇』などで知られるコナリミサト氏の同名漫画。2014年~15年にかけて「WEBコミック EDEN」で連載され、18年にアニメ化されている。いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、すてきな移動珈琲屋さん。店主の青山(中村)は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく――そんな“幸せを運ぶ珈琲物語”。



 光石は、主人公・青山の過去に深く関わり、“たこ珈琲”のルーツとなったホームレスの男性・たこを演じる。なぜ青山は移動珈琲店の店主になったのか、なぜ“たこ珈琲”と名付けられたのか…。ベールに包まれた青山の過去が明かされる。



 また、原作でもおなじみの移動珈琲トラック「たこカー」の全貌と中の様子が先行公開された。人気珈琲店・猿田彦珈琲の全面協力を受け、クランクイン前には、中村への珈琲技術指導が行われた。中村のプロ顔負け(?)のバリスタっぷりにも注目だ。



 ドラマに彩りを加える劇伴音楽は、HAKASE-SUNに決定。ドラマの世界観に寄り添った音楽で作品をより一層盛り上げる。



光石研

「僕が演じたたこさんは、本当にセリフがいいんです。『ど底辺の生活でも、せっかくなら彩りってもんが欲しいじゃないの』とか『小粋にポップに生きたい』とか。

日々の生活、営みの全てが珈琲の味に出る。何を見て、何に触れ、何を感じているか。こんなセリフが僕、光石研自身に降りかかってきて、グサグサと刺さりました。自分は何を感じ俳優をやっているか? こんな深いセリフを、ちゃんと魂込めて言えているか?」
カテゴリ