中川大志、ムロ主演ドラマで“謎の男”役 がっつり芝居で驚き「打ち合わせと全然違う球が飛んでくる」

中川大志、ムロ主演ドラマで“謎の男”役 がっつり芝居で驚き「打ち合わせと全然違う球が飛んでくる」

 俳優のムロツヨシが主演を務める、28日深夜より6夜連続で放送されるフジテレビの連続ドラマ『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』に、俳優の中川大志が謎の男“ナカタ”として出演することが決定した。



【場面カット】謎の男“ナカタ”を演じる中川大志



 本作は、清野とおる氏原作の漫画『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』をドラマ化。今まで足を踏み入れたことのない街を実際に歩いた経験から作られた、いわば「大人の街ぶら冒険」ストーリー。



 ムロ演じる漫画家・セイノが行く先々で、謎の男が訪れた形跡が…。“ナカタ”という男こそ、中川が演じる自転車で日本各地を旅するさわやか青年だった。セイノは面白くない。自分が訪れる場所に、必ずと言っていいほど先に現れ、さらに地元の人たちと意気投合し人気者になっていたからだ。ニアミスを続けていた2人だが、最終話となる6話で、ついにセイノとナカタが鉢合わせする。



 今回の出演を受けて、中川がコメントを寄せた。



――今作のオファーを聞いたときの率直な気持ちは?

実際の街をぶらぶらするバラエティー番組はありますが、これはドラマということで。台本を読んでみて“リアルな街の情報番組的な要素”と“ドラマの世界”の線引きがあいまいなところが好きだなーと。また、ムロさんがセイノをやるということも伺って、“間違いない、ぜひやらせていただきたい!”と思いました。



――「居酒屋くるり」のシーンはいかがでしたか?

自分も、こういうスナックなどで知らないおじさんと仲良くなって飲むというのが好きなんです(笑)。ステキなお店でした、なんとなく落ち着くし。ママさんとデュエットするシーンもあって、素で楽しんでしまいました。「ナカタは自分なんじゃないか!?」って思うくらい、自然と入り込んでお芝居しています。ナカタは僕だと思って見てください(笑)。



――ムロさんとの共演はいかがでしたか?

長いこと何回もお仕事をご一緒させていただいているので、安心感がありました。撮影の合間で、せりふを合わせて“ここはちょっと遊ぼうか”なんて話もできて面白かったです。ふたりでがっつりと掛け合いをするシーンがあるのですが、お互いに事前に打ち合わせしつつ、本番では全然違う球が飛んでくるんです。何が起きるのか、ドキドキしつつも、めちゃくちゃ楽しかったです!



――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

僕は旅や地方ロケなどで、地元の人気店や穴場スポットを探すのが好きなんです。最近はなかなかかないませんが、撮影をしながらも、久々にそういう疑似体験ができて楽しかったです。ドラマを見てくださる皆さんにとっても、この状況が落ち着いたら“行ってみたいな、やってみたいな”と思っていただけるとうれしいです。僕もどんな仕上がりになるのか今から楽しみにしています。ぜひご覧ください!



■放送日時

3月28日(日)深夜0:30~1:00

3月29日(月)深夜0:25~0:55

3月30日(火)深夜1:05~1:35

3月31日(水)深夜0:25~0:55

4月1日(木)深夜0:25~0:55

4月2日(金)深夜0:55~1:25
カテゴリ