橋本愛、悩み抱える中学生と1ヶ月の“交換日記”「勇気をもらいました」

橋本愛、悩み抱える中学生と1ヶ月の“交換日記”「勇気をもらいました」

 女優の橋本愛が、28日深夜にNHK・Eテレで放送される『セッション 今を駆ける君と』(深0:45~1:15)に出演する。



【写真】番組の語りを担当するゆうたろう



 “多感な思春期”とくくられてしまう10代の若者たち。けれど、その悩みは千差万別で他人からはうかがいしれない痛みやつらさを抱えている。番組では彼らより少しだけ先に大人になり、自分の道を歩む先輩が、あるひとりの悩みに同じ目線で向き合い、その解決をほんのちょっぴり後押しする。



 橋本も、中学生での仕事を始め、10代のころは不安や憂うつさを抱く時期もあったという。今回、100以上寄せられた「悩み」の中から、橋本は横浜の中学生・好葉(このは)さんと約1ヶ月にわたり“交換日記”をかわし、また時に直接出会って、思いを聞き出し、そして言葉を伝えることで、解決の道を一緒に探り「セッション」する。



 演じる役柄ゆえ“クールビューティー”と称されることもある橋本が、中学生に向ける温かな笑顔や、真摯(しんし)な言葉、そして2人で海に向かって叫ぶ姿などが満載。いまを生きる中学生にも、その周囲にいる大人にも、悩みから抜け出すヒントを提供する。



■橋本愛コメント

今思えば小さな悩みでも、中学生のころ、渦中にいればとても大きな問題に思えて、経験や知識の乏しい中で精いっぱいいろんなことを考えていました。

大人の目線で話すのではなく、私が同じ年齢だったころの気持ちを鮮明に思い出しながら、お話させていただきました。好葉ちゃんが、逃げも避けもせず一生懸命悩み戦う姿に勇気をもらいました。最後に海に向かって一緒に叫ぶことができたとき、これがきっと大きな一歩であるようにと、願いました。
カテゴリ