フジ『ドラゴンボール改』深夜に4月から再放送 シリーズ初回放送35周年

フジ『ドラゴンボール改』深夜に4月から再放送 シリーズ初回放送35周年

 フジテレビは22日、2009年4月~11年3月にかけて放送された人気アニメ『ドラゴンボール改』を、4月6日深夜1時35分より再放送することを発表した(※関東ローカル)。今回は09年4月~10年4月に放送した「サイヤ人・フリーザ編」全54話を再放送する。



【画像】フリーザ、ベジータの不気味な笑み 『DB改』の懐かしいビジュアル



 アニメ『ドラゴンボール』がフジテレビで放送されたのが、1986年2月26日で、今回の再放送は初回放送から35周年を記念して実施。『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』、『ドラゴンボール超』と長年にわたりシリーズ放送されてきたが、今回放送する『ドラゴンボール改』は、1989年から1996年まで放送された『Z』のデジタルリマスター再編集版で、鮮やかな映像、スピード感あふれる編集、音楽、音響とともにリニューアルされた作品で、シリーズ初のデジタルハイビジョン化作品として放送された。



 なお、同シリーズとしては、地上波では『ドラゴンボール超』以来、約3年ぶりの放送となり、主人公・孫悟空を中心に展開する「冒険」、「夢」、「バトル」、「友情」を再び堪能することができる。



■『ドラゴンボール改』ストーリー

天下一武道会の壮絶な闘いから5年。世界は、平和を手に入れ、孫悟空も最愛の妻・チチとの間に息子・悟飯が誕生し、平穏な日々を過ごしていた。しかし、ある日突然、強靭な尻尾を持つ謎の男・ラディッツの出現によって、平和はもろくも崩れ去る。その想像を絶するパワーは、悟空や弟弟子のクリリンさえも一撃で倒してしまうほど強力。このラディッツこそ、惑星ベジータが全滅した時、奇跡的に生き残った悟空の兄だった。ラディッツは卑劣にも悟飯を人質に取り、自分たちの仲間に加わることを悟空に強制する。兄たちの狙いは、地球に住む人々を絶滅させて、地球を我がものとすること。一大危機に見舞われた悟空は、宿命のライバル・ピッコロ大魔王と手を組み、兄ラディッツと対決する。



■フジテレビでの『ドラゴンボール』シリーズ過去放送

『ドラゴンボール』1986年2月~1989年4月

『ドラゴンボールZ』1989年4月~1996年1月

『ドラゴンボールGT』1996年2月~1997年11月

『ドラゴンボール改』2009年4月~2011年3月

『ドラゴンボール改』(魔人ブウ編)2014年4月~2015年6月

『ドラゴンボール超』2015年7月~2018年3月
カテゴリ