井手上漠、フォトエッセイ160→224ページに増 ノースリーブ姿のカット公開

井手上漠、フォトエッセイ160→224ページに増 ノースリーブ姿のカット公開

 4月20日に発売されるモデル・井手上漠(いでがみ・ばく)のフォトエッセイのタイトルが「『normal?』に決定し、予定していた160ページから224ページに増えることが22日、発表された。



【写真】ノースリーブ姿で大胆な肩出し!シリアスな眼差しの井手上漠



 発表されたインスタライブでは、増ページについて「想定した以上の予約数とメディアの反響、なにより井手上漠さんの言葉の力強さ、写真の美しさが後押しした」と、出版社からのコメントを井手上が紹介。



 タイトルの理由について井手上は「この本には私が18年間『普通ってなんだろう』と考えてきた、私なりの言葉が書いてあります。性別だけじゃなくて、”普通”っていうものはなんのか。この本をきっかけにみんなで考えていただけると嬉しいです」と伝えた。



 ライブ内ではフォトエッセイ中の収録カットも1点公開され、ノースリーブ姿のカットで、シリアスで訴えかけるような目線が印象的な一枚になっている。



 井手上は2018年に高校1年生で『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のDDセルフプロデュース賞を受賞。以来、テレビ番組『行列のできる法律相談所』など多くのメディア出演するほか、モデルとして多数のファッション誌・美容誌で活躍。3月に高校を卒業し、2月28日にオンラインで開催された第32回『東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER』にゲスト出演するなど、さらなる飛躍が期待されている。



 発売されるフォトエッセイのフォトパートは、海士町を中心に撮影。解禁された先行カットはいずれも海士町で撮影されたもので、地元ならではのリラックスした表情や、井手上の“枠にとらわれない美しさ”が際立つものに。エッセイパートには、「生い立ち」「家族」「SNS」「性」など、多彩なテーマを収録予定。これまで語られることがなかったエピソードも書籍ならではのボリュームで掲載される。
カテゴリ