タイBLブームの火付け役『2gether』映画化、6・4公開 主演の2人からコメント

タイBLブームの火付け役『2gether』映画化、6・4公開 主演の2人からコメント

 昨年のコロナ禍におけるステイホーム期間に大きなバズとなった「タイBL」。韓国ドラマ『愛の不時着』や『梨泰院クラス』がブームとなる一方で、タイ発のBLをテーマにしたドラマ作品の沼にハマる女性も続出。その火付け役となったドラマ『2gether the series』が、映画『2gether THE MOVIE』(トゥゲザー ザ・ムービー)となって、6月4日より劇場公開されることが明らかになった。タイ版予告編(日本語字幕付き)と、ティザービジュアルが解禁。主演の2人からコメントも届いている。



【動画】『2gether THE MOVIE』予告編



 映画は、世界トレンド1位を獲得するほどに話題になった『2gether the series』(全13話)をベースに、その人気を受け製作されたスピンオフ特別編の『Still 2gether』(全5話)の要素、そしてファン必見の撮りおろし新規シーンや主人公の2人の心情を語るボイスオーバーが加わった、いわば“完全版”。ドラマを全部観てすっかりファンになっている人はもちろん、ドラマ版をまだ観ていない人も一から存分に楽しめる内容になっている。



 解禁された予告編では、ドラマで大反響を呼んだふたりの名シーンが凝縮されてフラッシュバックしていく。可愛い女の子が大好きなタインが、同級生の男子から熱烈にアプローチされ困り果てていたところ、”ニセの彼氏”を作ってその男子にあきらめてもらう作戦を決行! 学園一のイケメンで人気者のサラワットに“ニセの彼氏”になって欲しいと懇願する。



 突然のことに、そっけない態度を取り続けるサラワットだったが、それにはある秘密が…。恋人を気に掛けるフリや、愛の言葉をささやくフリをしてくる偽装彼氏。その態度や言葉はすべて“フリ”だとわかってはいても、彼の温かな一面に触れるうちに不思議な感情が芽生えてきて…。この気持ちは一体何なのか…。“偽り”の関係のはずだったふたりの感情が本物に!? そして、ちょっぴりオトナになったドラマ後のふたりが、正装して車で向かう先は…!



 今回の映画用に撮り下ろされた新たな装いの二人のティザービジュアルもお披露目。4月16日(金)から前売り券の発売も開始される。劇場窓口、メイジャー、ムビチケ前売券(オンライン)にて購入できる。同日より全国のローソン・ミニストップ店内のLoppiでグッズ引換券付きムビチケコンビニ券の発売も決定している。詳細は、4月12日に公式ウェブサイトに掲載。



 Instagramのフォロワー数が合わせて1100万人を超えるなど、一躍大人気スターになった主演のブライトとウィン。2人は、日本のみならずアジアで人気のドラマ『花より男子』のタイ版『F4 Thailand / Boys over flowers』のメインロールにも抜てきされている。



■ブライトのコメント 

 ファンの皆さんに愛されている「2gether」シリーズが映画になり、幸せです。まるでドラマの放送を楽しみにしていた頃に戻ったみたいですが、その時とは一味違った視点で違った気分を感じています。シリーズのファンの皆さんにとっても素敵な経験になると思います。映画の撮影中は、自分自身が「より大人のサラワット」になったと感じました。ずっと前から知っていた彼、サラワットの成長した姿を見られてとても感慨深いです。この映画が日本のファンの皆さんの心も幸せと喜びで満たし、楽しんでもらえることを願っています。またとないこの機会を一緒に盛り上げて、タインとサラワットをスクリーンに呼び戻しましょう!



■ウィンのコメント

 「2gether」シリーズが映画になることをとてもうれしく思います。映画化を最初に知った時はかなり驚きました。もう二度とタインを演じる機会はないと思っていたので、映画でまた役に戻ることができたことも良かったです。映画スタイルの撮影はとても新鮮な経験でした。普段は複数のカメラで撮影されることが多いのですが、今回はカメラが1台だったのでより細かいところまで気を配った演技をする必要がありました。大きなスクリーンで上映されるので、すべてが詳細に映りますからね。この映画が日本でも上映され、日本のファンの皆さんにも観ていただけることがとても幸せです。日本のファンの皆さんにもそう思ってもらえるとうれしいです。映画ではより大人になったタインとサラワットの姿を観られます。僕たちの物語をお楽しみに!



■公式サイト

2gether-movie.asmik-ace.co.jp

カテゴリ