音声版サブスク『NUMA』月額580円で聴き放題 神木隆之介が7役のイヤードラマも

音声版サブスク『NUMA』月額580円で聴き放題 神木隆之介が7役のイヤードラマも

 音や声のみで楽しめるイヤーコンテンツ/イヤードラマに特化した日本初のサブスクリプションサービス『NUMA』(ヌーマ)が、4月1日に誕生する。オープン時には神木隆之介が語り部として1人7役を演じる『300年後の日本昔ばなし リーマン太郎』など、実力派俳優・制作陣によるコンテンツがラインナップされる。



【写真】新会社立ち上げを発表した神木隆之介の直筆メッセージ



 イヤーコンテンツ/イヤードラマは、音・声のみで楽しむことができるコンテンツやドラマのこと。NetflixやHulu、Amazonプライム・ビデオといった、映像サブスクリプションサービスの“音声版”ともいうべき配信サイトで、第一線で活躍する実力派俳優・制作陣による本格派イヤードラマ&コンテンツが月額580円(個別課金は1エピソード200円)で聴き放題。新コンテンツは毎週月・水・金の3回更新され、それぞれの環境で何かをしながらでも手軽に楽しめる。



 神木が語り部として7役を演じる『300年後の日本昔ばなし リーマン太郎』は、俳優で脚本家の吉村卓也が書き下ろし、昭和世代は「ハッ」としてしまうような現代のハラスメント問題をテーマにしている。宴会で鬼と化し、パワハラ、セクハラを繰り広げる部長に闘いを挑む新入社員のリーマン太郎の物語を、笑いと哀愁を込めて「現代版日本昔ばなし」に仕上げた。声優としても定評のある神木が7人をどう演じ分けるのか期待が高まる。



 ほかにも、音尾琢真と板谷由夏がタッグを組んだラブストーリー『あいつとこいつ』や、人気小説シリーズ『三軒茶屋星座館』著者・柴崎竜人氏が書き下ろし、若手俳優・小関裕太、甲斐翔真、渡邊圭祐が男子高生役、新日本プロレスの人気レスラー後藤洋央紀が先生を演じる青春ストーリー『シュウガク!』、桜田通、鈴木仁、兵頭功海らが出演する『親切な隣人』などもラインナップされる。



 4月1日のサービス開始に先駆け、きょう23日より「NUMAプレミアム」に先行登録すると、初回ラインナップ作品の1エピソードを先行&無料で楽しむことができる。きょう明らかにされるのは6作品。追加情報やドラマの詳細はNUMAサイトやオフィシャルSNSで随時公開される。
カテゴリ