1日を通して様々なシーンで訪れたい。渋谷に新しくできる公園に「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」がオープン


この春、「ブルーボトルコーヒー」にとって世界初となる“公園内カフェ”が、渋谷に誕生。



「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」は4月28日(水)、渋谷区立北谷公園内にグランドオープンします。



「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」が誕生





渋谷区立北谷公園は、4月1日(木)に開園する渋谷の新たな公園。



その一角に4月28日(水)に誕生する「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」は、大きなコーヒーカウンターがある1階と、公園が見渡せる2階のラウンジ空間によって構成されます。





空間デザインは「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」のデザインを手がけた、芦沢啓治建築設計事務所が担当しています。



そんな芦沢啓治建築設計事務所が、渋谷カフェのためにデザインしたカリモク家具制作のチェアは、ゆったりくつろぎながらコーヒーを楽しむのにぴったり。



また、公園内にも多くの屋外ベンチが設置されるそうですよ。



4月1日からはコーヒートラックが登場





オープンに先駆けて、渋谷区立北谷公園の開園日である4月1日(木)から20日(火)の期間中は、コーヒートラックでのコーヒーの提供が予定されています。



ブルーボトルコーヒー国内初となる「ブルーボトル コーヒートラック」は、ブランドロゴが入ったクラシックなデザイン。



カフェと同様にバリスタがラテアートを施したエスプレッソドリンクや、渋谷カフェとは異なる持ち帰り用のフードメニューなどが販売されるそうですよ(※ドリップコーヒーの提供はなし)。



渋谷カフェの気になるメニューは?



そんな渋谷カフェでは1日を通して様々なシーンで利用できるよう、多彩なメニューが用意されます。





たとえばこちらは、10:00〜22:00まで提供されるというブランチプレート(税抜850円)。



香ばしさを感じるもっちり食感のワッフルと、旬のグリーンやプロシュートのサラダ、そして平飼い卵を使った半熟卵を添えた一皿です。





13:00〜22:00まで提供される、デザートメニューも要チェックです。



右は、渋谷カフェの店内に使用されている“赤茶色のタイル”をイメージした色合いとサイズが特徴の「ブリック チーズケーキ」(税抜550円)。



左の「パブロヴァ」(税抜650円)はサクサクのメレンゲをクリームにのせ、「HiOアイスクリーム」のミルクアイス、季節のフルーツのコンポートをあわせた一品です。オープン時には、ルバーブのコンポートが予定されていますよ。





さらに、コーヒーと同じく、作り手がわかり素材の個性がひかるナチュラルワインも展開。



ワインの提供は国内のブルーボトルコーヒー カフェでは初の試みとのことです。



アペタイザーの提供時間は17:00〜22:00までとのことなので、1日の終わりにゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。



今からオープンが待ちきれない!



外で過ごすのが気持ち良いこれからの季節に要チェックな「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」。



オープンは少し先ですが、気になる人はぜひチェックしてみてはいかがでしょう。




ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ

【場所】東京都渋谷区神南一丁目7番3号 渋谷区立北谷公園内<JR線渋谷駅から徒歩7分>

【時間】8:00~22:00

※営業時間は変更となる可能性があります。



ブルーボトル コーヒートラック

【期間】4月1日(木)~4月20日(火)

【時間】11:00~18:00※4月1日(木)は15:00~営業。




ブルーボトルコーヒー

https://store.bluebottlecoffee.jp/



カテゴリ