元E-girls鷲尾伶菜ソロプロジェクト「伶」、YouTubeチャンネル開設 3・26初の生配信

元E-girls鷲尾伶菜ソロプロジェクト「伶」、YouTubeチャンネル開設 3・26初の生配信

 2020年末に解散したE-girlsのメインボーカルだった鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」(れい)が23日、YouTubeチャンネルを開設することが発表された。



【写真】「伶」の楽曲が佐藤大樹&橋本環奈W主演映画主題歌、挿入歌に



 昨秋に「伶」としての活動を始動し、配信リリースや人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に登場するなどしてきたが、新たにYouTubeチャンネルを開設することに。本人が選曲したカバー動画や、生配信、趣味やプライベート動画の公開も企画されている。



 26日午後8時から「初めてのYouTube生配信!#0」が決定。LDH Girls mobile会員から事前に集めた質問に伶が答えていくコーナーも設けられている。



■「伶」からのメッセージ

これまでは、E-girlsやFlowerのボーカリストとして、活動してきました。

特にFlowerでは、多くの恋愛ソング、失恋ソングを歌って、愛について歌うことが多かったように思います。

簡単に人に会えない時代に「本当に自分にとって大切な人は誰か。」が嫌でも炙り出されたような気がします。

これからは、「伶」としてFlowerで伝えてきた「人を愛する歌」にこれまで以上に向き合い、

表現者としてより多くの人の心に届く歌を歌っていきたいと考えています。

この日本には、人々の心を癒す多くの名曲が存在します。

その名曲達を歌い紡ぐことも、勝手にですが、日本のシンガーとしての役目だと捉え、さまざまな楽曲に挑戦していきたいです。

カテゴリ