小川彩佳、初共演の太田光に「励まされた」 “無敗の男”に直球インタビュー

小川彩佳、初共演の太田光に「励まされた」 “無敗の男”に直球インタビュー

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光、フリーアナウンサーの小川彩佳によるTBS系『太田光が問う!選挙SP』が29日深夜に放送(深2:07)。太田&小川が、立憲民主党・中村喜四郎議員への民放地上波初インタビューを行う。



【番組カット】小川彩佳の多忙ぶりに阿川佐和子も驚き



 「無敗の男」「選挙の鬼」とも呼ばれる中村議員。1976年の衆議院議員選挙に旧茨城3区から無所属で出馬し初当選。自民党入りし、89年に宇野内閣で科学技術庁長官として戦後生まれで初の入閣。92年には宮沢内閣で建設大臣に就任するなど順風満帆に見えたが、ゼネコン汚職事件により、斡旋収賄容疑で逮捕される。しかし、中村議員は裁判中にも2回選挙に勝利。2003年に実刑判決が確定し議員資格を失うも、服役・出所後の05年に再び選挙に勝利し、国政復帰を果たした。以降も当選を重ね、現在まで無敗である。



 インタビューでは、太田のNO忖度(そんたく)な質問に注目。太田は中村議員にこれまでマスコミの取材に応じなかった理由や、事件で逮捕されたことなどについて切り込み、さらに「野党が自民党の文句をいうだけの図式は飽き飽きしているんです!」と率直に問う。そんな太田に対し、中村議員は「実際は、太田さんも国会議員になってもらえばわかるんですけど…」と漏らしながらも、投票に行くことの大切さ、有権者とつながりをつくる選挙の戦い方まで包み隠さず熱く語る。



 「サービス精神が旺盛ですね?」と驚く太田に、中村議員は「それがなかったら、政治家の価値はない」ときっぱり。時には「ここまでズバッといわれると、ドキっとしますよね」と太田をうならせる場面も見られる。収録を終えて、太田と小川がコメントを寄せた。



■太田光

若手の皆さん、そして「無敗の男」とお話させていただきましたが、これだけじっくり話を聞く番組は意外とないと思うんです。深く話ができたかなと思います。自分とは全然違う思考であっても、投票したくなるような人が出てくれば、投票率は上がるのではないかと思います。人気投票と言われてしまうかもしれませんが、やっぱり人って感じとる力があると思うんです。だから、政治家にはどんどんテレビに出てほしいし、そこでいろんなことを語ってほしいです。小川(彩佳)さんとは初タッグでしたが、すばらしいですね。(中村喜四郎議員もおっしゃっていましたが)正論を言う人です(笑)。とっても楽しかったです。



■小川彩佳

太田光さんが質問したときの政治家のみなさんの表情に注目していただきたいです。そこから見えてくるものというのが非常にあったと思います。きっと画面からはみ出して伝わると思います。政治家の皆さんの人柄だったり、背景にあるものだったり、積み上げてきたものだったりも見えてくると思います。太田さんと初めて共演させていただきましたが、なんだかあたたかくて…。太田さんの言葉にも、私自身ハッとさせられたり励まされたりしました。
カテゴリ