発酵食材を体に届ける!新感覚の「酒粕カフェスタンド」が新潟駅内にOPEN

発酵食材を体に届ける!新感覚の「酒粕カフェスタンド」が新潟駅内にOPEN


新潟県長岡市に本社を置く「FARM8」は、新潟市で初めての店舗となる酒粕専門カフェスタンド「Hacco to go! 新潟駅店」を3月22日(月)にOPENした。

日本のおなかに日本の発酵を届ける


「Hacco to go!」は、新潟県内の酒蔵から出る酒粕の有効利用を目的に2018年に始まったプロジェクト。酒粕にもう一度乳酸菌発酵を加えることでうまれるフローズンヨーグルトのような味わいをシェイクやジェラートなどにした新潟発・植物性発酵ドリンクを展開し、東京をはじめ各地でPOP UPを開催してきた。


今回、新潟市に初出店の店舗として、カフェ感覚で発酵食材を体に届ける新感覚スタンド「Hacco to go! 新潟駅店」を、JR新潟駅の新幹線西口改札隣「Sta.N.d Life store」内にオープンする。

発酵食品からできたドリンクやスイーツが揃う


酒粕や新潟の発酵食品からできたドリンクやスイーツをカフェ感覚で楽しめる同店では、ドリンクやスイーツのテイクアウトを中心に、店内にもイートインスペースを用意。


酒粕をさらに乳酸菌発酵してできた100%植物性の「Hacco シェイク」は、フローズンヨーグルトのような爽やかな味わい。<プレーン><ストロベリー><ゆず><ショコラ><ブルーベリー>の5種類が用意されている。


このほか、発酵をテーマにしたドリンクとして、いちご&りんごのフルーツビネガードリンク「ビネガリア」、ココアやゆずの冬季限定「HOT甘酒」、アルコール飲料「日本酒カクテル」がラインアップ。


発酵スイーツには、しっとりした「酒粕ベイクドチーズケーキ」や、乳酸菌発酵酒粕からできた植物性ジェラートが揃う。


また、サラダやベーグルなどヘルシーな発酵食材を使ったランチセット「Haccoサラダ+ドリンクSET」も登場。駅構内ということもあり、持ち運びしやすいホルダーも用意されている。
カテゴリ