藤井フミヤ『THE FIRST TAKE』登場 大滝詠一の名曲「恋するカレン」をカバー

藤井フミヤ『THE FIRST TAKE』登場 大滝詠一の名曲「恋するカレン」をカバー

 歌手の藤井フミヤが、アーティストの一発撮りのパフォーマンスを投稿するYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』(第104回)に登場することが明らかになった。今回、故・大滝詠一さんの名曲「恋するカレン」を披露する。



【動画】藤井フミヤ - 恋するカレン / THE FIRST TAKE



 1983年、チェッカーズのボーカルとしてデビューし、バンド解散翌年の93年に「TRUE LOVE」をリリース。以降ソロアーティストとして活動。つややかで伸びのあるその歌声は唯一無二のもの。今回、名盤『A LONG VACATION』発売40周年を記念して、個人的にもつながりのあった大滝さんの楽曲をフミヤ本人がチョイスし、ギタリスト・佐橋佳幸によるここだけのアレンジでやさしく歌い上げる。



 フミヤは「青春時代に、車や外で音楽が聴けるようになった時代の皆が聴いていた大滝詠一さんのアルバムの中でも大好きな一曲を歌わせていただきました。オリジナルのアレンジはたくさんコーラスが入っていてドゥワップっぽいのですが、それをギター1本で歌うにあたり、やさしく歌うためにキーを少し下げて、パーカッションを入れて歌いました。大滝さん独特の歌いまわしも意識して歌唱しました」と、コメントしている。



 映像はきょう26日午後10時よりYouTube上にてプレミア公開される。

カテゴリ