村上龍「ゲストの深い話、深く刻み」『カンブリア宮殿』15周年

村上龍「ゲストの深い話、深く刻み」『カンブリア宮殿』15周年

 テレビ東京系で木曜夜に放送されている経済番組『カンブリア宮殿』。4月から「木曜 夜10時スタート」から1時間遅い「木曜 夜11時06分スタート」に枠移動。その1発目となる4月1日の放送で番組は15周年を迎える。



【写真】4月1日放送のゲスト、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏



 同番組は2006年4月にスタート。誰もが知る大企業はもちろん、ユニークなビジネスで成長する知られざる企業まで幅広く取り上げ、そのトップを始めとする多彩なゲストを招き、作家・村上龍の「独自の視点」を通して企業や経営者の本質に迫る、他の経済番組とは一線を画す存在となっている。また、女優・小池栄子の等身大の質問も見どころ。



 番組が15周年を迎えたことについて、村上は「ゲストのみなさんが深い話をしてくれました。それが今、深く刻まれています」。小池は「15年間、いろいろな経営者の方々のお話を聞かせていただき、きっと学んでいるものがあるはずだと信じて、日々過ごしています」と、それぞれコメントを寄せた。



 4月1日の放送は、ユニクロ、楽天、セブン-イレブンなど、名だたる企業のブランド戦略を手がけ、成功に導いてきたヒット請負人、日本を代表するクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏(サムライ 代表)が登場。最大の特徴が、企業を徹底的にヒアリングし、その本質的な価値をシンプルで明快なアイコンに集約して表現する「アイコニック ブランディング」という独自の手法だ。企業に深く入り込んでブランディングを行う可士和氏は、世界市場を狙うための旗艦店舗のデザインや、コロナ禍での新たな住宅作りにも挑んでいる。アイコンの御旗のもと、強い企業へと磨き直す、知られざる可士和流改革術の全貌に迫る。



 大野智プロデューサー(テレビ東京 報道局)は「新型コロナの影響などで日本経済は苦境が続いています。しかし企業は、そんな逆境の中にあっても、変革の時代に対応すべく、自分達の強みを磨き、組織を強くするチャンスと捉え、動き出しています。今回のゲスト、佐藤可士和氏は、そんな企業変革の仕掛け人として、いま名だたる企業から引っ張りだこになっているそうです。佐藤可士和は、企業の何を見つめ、何を変えることで、企業を生まれ変わらせるのか? 今回の番組では、『可士和マジック』とも言われる佐藤可士和氏の仕事ぶりに完全密着! いまの時代のビジネスに何が必要なのか? どう変わるべきなのか?を徹底解剖します」と、アピールしている。



 なお、今月28日午後4時から特別番組『経済大激動!丸わかりSP~WBSが見た30年、カンブリアが見た15年~』が放送される。
カテゴリ