自宅で球場の雰囲気を体験!「バーチャルハマスタ」が東京ヤクルト戦で実施

自宅で球場の雰囲気を体験!「バーチャルハマスタ」が東京ヤクルト戦で実施


横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムでの開幕戦は3月30日(火)。この日に行われるプロ野球公式戦「横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ」において、自宅にいながら球場の雰囲気を味わい野球観戦が楽しめる新しい球場体験「バーチャルハマスタ」が、バーチャルSNS「cluster」にて実施される。

「バーチャルハマスタ」第3弾



横浜DeNAベイスターズとKDDIによる「cluster」での「バーチャルハマスタ」の実施は、今回で3回目。2020年8月にファン同士が気軽に集い、バーチャルならではの演出で野球観戦がさらに楽しくなる「バーチャルハマスタ」が実施され、随時機能を拡張してきた。

体験エリアを拡張!現地と連動した演出も



今回は「cluster」上で体験できるエリアを横浜公園ライト外周エリアまで拡張。従来の横浜スタジアムゲート入り口、横浜スタジアム内コンコース、グラウンドの3エリアに加え、横浜公園ライト外周エリアを追加し、横浜公園内の「水の広場」「DREAM GATE」「BALLPARK BURGER &9」など、より現実に近い外観を楽しめる。


さらに、横浜公園ライト外周エリアでは、試合前にOBやゲストによるトークイベントも実施。

また、現地で開催する「OPENING SERIES 2021」と連動した演出を「バーチャルハマスタ」専用の演出で再現。横浜DeNAベイスターズ2021年シーズンの新しい応援演出である「YOKOHAMA CLAP」も楽しめる。


さらに、試合中のイニング間に実施する「バーチャルハマスタ」限定の演出として、OBやゲストとのクイズコーナーに加え、


スタージェット(風船)を飛ばす演出も登場。ファン一体となって楽しめる参加型演出が実施される。

「バーチャルハマスタ」を盛り上げるゲスト


ゲストには、インパルスの堤下敦さん、横浜DeNAベイスターズOBである小杉陽太さんに加え、野球YouTuberのトクサンさん、ライパチさんの計4名が登場する。

「バーチャルハマスタ」の実施時間は、3月30日(火)の午後5時30分~試合終了後30分ほど。利用料金は無料。一部コンテンツのみ有料となる。

スマートフォンやパソコン、VRデバイスを使って、おうちから開幕戦を楽しんでみては。
カテゴリ