日本酒党必携!手帖サイズの日本酒ガイドブックが発売

日本酒党必携!手帖サイズの日本酒ガイドブックが発売


世界文化社から、書籍『新版 厳選日本酒手帖』1,540円(税込)が3月18日(木)より発売中。日本酒党がうなる「間違いなく旨い」1本から、いま注目の酒蔵まで網羅した日本酒ガイドブックとなっている。

ページ数を増やしたパワーアップ版!


『新版 厳選日本酒手帖』は、2014年に刊行され、好評を博した『厳選日本酒手帖』の内容を改訂し、ページ数を増やしたパワーアップ版。“これを選んでおけば間違いない”日本酒を集めている。


著者は、酒食ジャーナリスト 地域食ブランドアドバイザーの山本洋子氏。著者が自ら足を運んだ日本全国のおすすめ約156の蔵元から、定番の1本や“酒蔵がぜひ飲んでほしいお酒”などを、全国7つのエリアに分けて紹介している。

純米や大吟醸など名称の解説付きで、自分好みのお酒選びにも役立ちそうだ。

各地の酒蔵の新しい取り組みを紹介


また、元々伝統的な産業である日本酒づくりだが、近年では、若い担い手から新しい取り組みが生まれているという。同書では、いま注目されている酒蔵の取り組みや、新しく洗練されたラベルなどの情報も多数掲載している。


例えば、日本酒酒蔵が少なかった北海道に、近年、酒造免許を移転して開業する酒蔵が現れているという。酒米あり、水も豊富、マイナス気温が続く寒冷気候は雑菌汚染も少なく醸造に最適なのだとか。


このほか、佐賀県・富久千代酒造が、2021年春、酒蔵オーベルジュ「御宿 富久千代」とレストラン「草庵 鍋島」を開業する取り組みなどを紹介。同施設では、日本酒と料理を味わいながら、伝統の酒蔵に宿泊する体験が楽しめるという。

持ち歩きに便利な手帖サイズ


『新版 厳選日本酒手帖』は、充実の内容ながら、ハンディな手帖サイズで、持ち歩きにもぴったり。

毎日の晩酌に、またお祝いやお花見など季節行事にも欠かせない日本酒。「いま飲むべき日本酒ガイドブック」ともいえる1冊を、早速手に取ってみては。
カテゴリ