日向坂46、“声優学校”舞台の青春ドラマ 主人公は佐々木美玲&丹生明里

日向坂46、“声優学校”舞台の青春ドラマ 主人公は佐々木美玲&丹生明里

 人気アイドルグループ・日向坂46が4月28日スタートの日本テレビの深夜連続ドラマ『声春っ!(こえはる)』(毎週水曜 深0:59)に主演することがわかった。秋元康氏の企画・原作のもと、声優を目指す少女たちが声優学校を舞台に繰り広げる、笑って泣ける、青春ドラマ。不器用だけど、まっすぐ突き進み、少しずつ成長していく主人公の日ノ輪めいこを佐々木美玲、もうひとりの主人公で、めいことは対照的な性格を持つ友人でありライバルの天道まなを丹生明里が演じる。



【特典画像】ハッピーオーラ満載! 日向坂46ポストカード11種類一挙公開



 脚本は『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で話題を集めた吉田恵里香氏。同グループが主演した『DASADA』(2020年1月期)に続き、今回は“声優学校”を舞台に、少女たちの姿を瑞々しく描く。ポップなセリフをちりばめながら、夢や成長だけではなく、挫折や別れにも真剣に向き合った脚本が、アイドルとしてハッピーオーラを放つメンバーの新たな魅力を引き出していく。



 声優を目指しているのに、しゃべることが苦手。コンプレックスの塊で、感情の起伏が激しいめいこ。明るく元気ながらも、事故で剣道を続けられなかった過去を持つことから新しい夢・声優に向かって前向きに突き進み、めいこに大きな影響を与えるまな。2人を中心に、日向坂メンバーが主要キャストを熱演。めいこのことが気に入らないお嬢様・尼崎あまね役に渡邉美穂、声優からアイドルを目指すクールビューティーなお姉さん・月川雪菜役に金村美玖、雪菜を慕う本田多恵役に河田陽菜。



 主人公たちが暮らす寮『ドレミ荘』の寮母・春風ちずえ役に高本彩花、人気声優であり、アイドル“まりりん&るびー”としても活躍する越野まり役に松田好花、天使のようにかわいい少女だがうまく喋れないというコンプレックスがあり、めいこに憧れ“師匠”と慕う草間愛理役の上村ひなの。そして、めいこのハンカチにプリントされているアニメ『ジェリジェリフィッシュ』のキャラ・るーなの声を潮紗理菜が務め、物語の進行役を担う。



 このほか、主人公たちを見守る声優学校講師岩尾に平野綾、学校校長には山寺宏一。また、めいこの祖母には戸田恵子と、声優として俳優としても活躍する面々がそろう。さらに、めいこが憧れる漫画家・金閣寺炎上には竹中直人が起用された。



 また、金閣寺炎上の作品として劇中に登場する『ジェリジェリフィッシュ』のユーモラスで個性豊かなキャラクターはメンバーのイラストを参考にデザインされたもの。例えば、1話からめいこが心の相棒として握りしめているハンカチに刺繍された『るーな』は佐々木のアイデア。このようにドラマを彩る小道具にも注目ポイントがある。配信コンテンツ・Huluオリジナル『声春っ!ドラマラボ』のなかで、このキャラクターのイラストに込めたメンバーそれぞれの思いも明かされる。



 佐々木は「コメディードラマなので普段見られないよう変顔などクスッと笑える場面がちょこちょこ出てきますので、それも一緒に楽しんでもらえたらと思います。そしてこの作品で私は『1人じゃなくてみんなで支え合っている』っていうのが日向坂46も一緒だなとすごく感じたので、なにかみなさんにも感じるものがあればいいなと思います」とオススメ。



 丹生は「セットの中に、あれ、これってまさか!?というものまであるので細かいところまでチェックしていただきたいです!そしてドラマ内では、ハンドクリームが出てくるのですが、アドリブであるメンバーにたくさん塗りたくってみたり、みんなでわちゃわちゃしているシーンでもあるセリフを言ってみたりとユーモア溢れるシーンもありますのでせひ見つけていただきたいです!」とファンにはたまらないみどころを紹介している。
カテゴリ