荒川静香のイナバウアーをマルチアングルで 倉木麻衣の楽曲に乗せたプログラム配信

荒川静香のイナバウアーをマルチアングルで 倉木麻衣の楽曲に乗せたプログラム配信

 『au スマートパスプレミアム』で人気フィギュアスケーターをフィーチャーしたオリジナル映像コンテンツ『au5G×Figure Skating』に荒川静香が出演。29日より配信される。



【動画】荒川静香、マルチアングルの映像コンテンツに出演



 今回のオリジナルコンテンツで表現したかったという演技、マルチアングル動画で様々な角度から見せた技、と荒川さんの魅力が満載。映像を4画面の複数アングルで同時に視聴できる機能「マルチアングル動画プレイヤー」を使用して、自由にアングルを変えながら観賞できる。収録の際は、リンクを囲むように設定された固定カメラにクレーンやドローンのほか、最新の撮影機材も用いて、あらゆる角度から演技を撮影した。



 荒川は今回のプログラムについて「今回は、切なさやスケートの儚い部分を表現してお見せしたいという気持ちがありました。その中で、倉木麻衣さんの『さくら さくら…』という曲がイメージとマッチすると思いましたので選ばせていただきました。ピンクを基調とした衣装も、今の季節に合わせながら、儚さを表現するポイントになっているかと思います」と説明。



 見どころについては、「私が得意とするイナバウアー、スパイラルを中心とした構成になりますが、途中で音楽の情景がパッと変わるところがあり、その瞬間に止まって目線をあわせるなど、演技に緩急もつけています。さまざまな部分で見どころはあると思いますので、一つに絞らず、いろんな視点で見ていただければうれしいです」と呼びかけている。

カテゴリ