“#食べるアート”!マンハッタンステイを思わせるアフタヌーンティー登場

“#食べるアート”!マンハッタンステイを思わせるアフタヌーンティー登場


キンプトン新宿東京の「DISTRICT BRASSERIE・BAR・LOUNGE」にて、4月1日(木)~6月30日(水)の期間、新しいアートを題材に、見た目も味わいも刷新した「ディストリクト アート アフタヌーンティー」が販売される。

アート界の巨匠へのオマージュメニュー



アートシーンからインスピレーションを得て、シェフ・トーマスが創り上げたキンプトン新宿東京のアフタヌーンティーは、アート界の巨匠たちへのオマージュメニューとしてさまざまなアートを題材に繰り広げられている。

「LOVE」や「NO.10」がモチーフに


今回発売の「ディストリクト アート アフタヌーンティー」6,490円(税込・サ料別)では、マンハッタンステイを思わせる“#食べるアート”を表現。


マンハッタンで一際目を惹くオブジェであり、新宿のアートスポットとしても有名なロバート・インディアナの彫刻作品「LOVE」がモチーフの黒いタルトは、コーヒーのビターな香りとチョコレートの甘さが重なる深い味わい。コーヒー通にはたまらない、日本初上陸の「Birch Coffee」を使い、特別なタルトに仕上げている。

ブルーとオレンジのコントラストが印象的なマンゴー&オレンジ、スピルリナ、バターミルクのゼリーは、マーク・ロスコの「NO.10」より着想を得た一品。濃厚さと爽やかさを一挙に味わうことができる。

“#食べるアート”でマンハッタントリップ



ほかにも、ポップアートの先駆者であるジャスパー・ジョーンズの「ターゲット」や、巨匠アンディ・ウォーホルの「カウ」、ストリートアート界で人気のマヤ・ハヤックの「ケムトレイルズ」などの作品にインスパイアされたメニューがラインアップ。

飲み物は、NY発のプレミアムティーブランド「Harney & Sons(ハーニー&サンズ)」のティーセレクションやオニバスコーヒーなどが用意される。お酒が好きな人には、乾杯シャンパーニュやシャンパーニュフリーフロー付きのプランもオススメ!


なお、4月1日(木)~5月9日(日)の期間中は土・日のみの販売。キンプトン新宿東京の“#食べるアート”で、マンハッタントリップを楽しんでみては。

また、同店では、営業時間短縮などの新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施中。詳細はホテル公式HPにて確認を。

■「DISTRICT BRASSERIE・BAR・LOUNGE」
住所:新宿区西新宿3丁目4-7 キンプトン新宿東京内2F
カテゴリ