水卜麻美アナ、夢の“朝の顔”就任で気持ち新た 原点は「小島奈津子さん」

水卜麻美アナ、夢の“朝の顔”就任で気持ち新た 原点は「小島奈津子さん」

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、きょう29日から総合司会を務める朝の情報番組『ZIP!』(月~金 前5:50)の初回放送後、囲み取材に参加した。“朝の顔”という大役初日を終えたばかりの水卜アナは「夢だった番組の初日はきょうしかないので、なんとか終えられたことはうれしくもホッとする気持ちが強いです。ただ、始まりに過ぎないので身が引き締まるような気持ちです」と新たな第一歩を噛み締めた。



【写真】「ロン毛!?」「細すぎ!!」森アナ&水卜アナの学生時代の姿



 本番を振り返り「最初からグイグイ引っ張るのは無理なんだと、見えないところで後輩に支えてもらいました」と反省もありつつも、「1分1秒単位でやることが決まっているので殺ばつとしているのかと思ったら、思っていた100倍くらい温かかったです。バタバタするなかでも、笑顔があって、やっぱりすきな番組だな、と思いました」と『ZIP!』ファミリーの雰囲気に救われたそう。



 月曜パーソナリティーである風間俊介には「『すごい、すごい』とは桝(太一)さんからうかがっていたんですけど衝撃的でした。面識はありましたが、私が朝、尋常じゃない緊張感をだしてたんですけど、エアで背中を押してくれるような愛がある言葉をかけてくれたり、途中で緊張をほぐすように声をかけてくれたり。年はそんなに変わらないのに、何十年も人生の先輩みたい」とはやくも信頼を寄せた。



 そんな水卜アナに向け、前任の桝アナからは粋な計らいも。「私が桝さんに10年前に送ったメールの内容をコピーして送ってくれた。10年前、桝さんが『ZIP!』を始める数日前に私が『ヒルナンデス!』が始まっていたので、大変せん越ながら勝手に大先輩である桝さんに『桝さんはすごい人ですから、大丈夫です!できます!』みたいな励ましをして。『この言葉は水卜が言ってくれた言葉だけど、そのまま今の水卜に伝えたい言葉になっていて、今の水卜ならできるよ』と温かい言葉を贈ってくれて、なによりうれしかったです。(話しながら)自分が泣きそうになっちゃった…」と感極まる気持ちを語った。



 きょうのツイッタートレンドにもランクインしていたと聞くと「え、本当ですか!」と目をまんまるに。「人は時間帯によって気持ちやテンションはあると思うんですけど、私を朝に観てみなさんがどう思うのか心配。それぞれの朝に合った感じを模索していきたい。私のアナウンサーを目指した原点は朝の番組。家族の誰より早く起きて、家族より先にアナウンサーの顔を見ていた小学生時代があるので、お子さんは今まで以上に見てくださるんじゃないかと。学校で話せる話題や将来、心に残るような取材ができたら」と期待を込めて、展望した。



 学生時代、水卜アナが憧れていたのが元フジテレビの小島奈津子アナウンサー。「今や裏の番組(当時担当していたのは『めざましテレビ』)にはなってしまったんですけど当時、憧れのお姉さんだった。小島奈津子さんの笑顔がすてきで朗らかで、でも知的なニュースも読まれていて、こういう大人になりたかった。アナウンサーになってからも『ヒルナンデス!』時代に共演して、せん越ながら、好きだったことをお伝えしたら、私のことをテレビで見ていたと言ってくださって『ちょっと私と雰囲気が似てると思った』と言ってもらえたんです」とうれしそうに振り返った。



 「当時、私は小島奈津子さんの読んでいたニュースの意味はわかっていなかったけど、いつ見ても明るく爽やかでなんだか憧れる。そういう意味で、これから世の中いろんな大変なこともありますが、常に常に変わらない自分の雰囲気や変わらない笑顔とか、毎日いろんなことあっても、テレビで笑っているなとちょっとでも思ってもらえるよう、常に元気でいたい。お子さんが見ていらっしゃるので、言葉の使い方やためになることを伝えていける大人になれれば」と憧れの人に理想像を重ねていた。
カテゴリ